プレスリリース

PRESS RELEASE

「第2期叡王戦」本戦16名の対戦カード発表
山崎叡王、羽生九段と初戦決定
~将棋電王トーナメント&電王戦の詳細、大晦日企画も公開~

株式会社ドワンゴ
公益社団法人 日本将棋連盟
2016年9月7日
   

 株式会社ドワンゴ(本社:東京都中央区、代表取締役社長:荒木隆司)および公益社団法人 日本将棋連盟(東京都渋谷区、会長:谷川浩司)は、2016年9月7日、両社が主催する棋戦 「第2期叡王戦」 において、本戦トーナメントの対戦カードが組合わせ抽選会にて決定したことを発表しました。また、「第4回将棋電王トーナメント」の概要および大晦日のイベント企画「電王戦合議制マッチ」についても発表しました。

「第2期叡王戦」本戦トーナメント・決勝戦 概要

<本戦トーナメント>
開催時期: 2016年9月~10月に実施予定
対局時間: 本戦2回戦までの対局は同日に2局を実施予定
出場者 : 段位別予選を勝ち抜いた15名のプロ棋士及びシードの山崎隆之叡王
ルール : 持ち時間各1時間(チェスクロック方式)・秒読み60秒
生放送 : 全対局を生中継(URLは後日発表)

<決勝三番勝負>
開催日程: 12月に3週連続で実施予定
出場者 : 本戦決勝進出者2名
対戦形式: 三番勝負
ルール : 持ち時間5時間(チェスクロック方式)・秒読み60秒 ※優勝者は第2期電王戦に出場

<トーナメント表>

第2期叡王戦 公式サイト:http://www.eiou.jp/

「第4回将棋電王トーナメント」概要

 本トーナメントの優勝ソフトには、電王の称号及び第2期電王戦への出場権が与えられます。前回は28ソフトが出場しましたが、今回は10ソフト増え、過去最多の38ソフトが出場します。また、今回の新たな取り組みとして、探索局面数と消費電力量を表示します。

開催日程: 2016年10月8日(土)~10月10日(月・祝)
対戦形式: 予選リーグ及び決勝トーナメント

ルール :
【予選リーグ】持ち時間は15分・持ち時間消費後は10秒将棋
【決勝トーナメント】 持ち時間2時間・切れ負け

賞 金 : 1位 300万円/2位 100万円/3位 70万円/4位 50万円/5位 30万円

生放送 :
【予選リーグ】 http://live.nicovideo.jp/watch/lv274667169
【決勝トーナメン初日】 http://live.nicovideo.jp/watch/lv274667505
【決勝トーナメント最終日】 http://live.nicovideo.jp/watch/lv274671127
出場ソフト:
Labyrinthus+#、SilverBullet、きふわらべ、PONANZA、Squirrel、shogi686、Rapunzel、Qhapaq、うさぴょん2´、きのあ将棋、カツ丼将棋、Novice、習甦、†白美神†、おから饅頭、HoneyWaffle、scherzo、Selene、真やねうら王、たこっと、名人コブラ、nozomi、メカ女子将棋、浮かむ瀬、セルシウス、読み太、CGP、ツツカナ、にこあ将棋、Jh、攻茶花電、技巧、大将軍、十六式・いろは、農場UMA、なのは、Claire、芝浦将棋Jr.(計38ソフト)

第4回将棋電王トーナメント 公式サイト:http://denou.jp/tournament2016/

「第2期電王戦」概要

 第2期叡王戦の優勝棋士と第4回将棋電王トーナメントの優勝ソフトが対局します。昨年と同じく二番勝負を行いますが、二日制から一日制に変更となりました。

開催時期: 2017年3月~5月にかけて2局を実施予定
出場者 :「第2期叡王戦」優棋士 及び「第4回将棋電王トーナメント」優勝将棋ソフト
対戦形式: 先後入れ替えの二番勝負
ルール : 持ち時間各5時間(チェスクロック方式)・秒読み60秒の一日制
生放送 : 全対局を生中継(URLは後日発表)

電王戦 公式サイト:http://denou.jp/tournament2016/

「電王戦合議制マッチ」概要

 棋士チームと第3回将棋電王トーナメント1~3位のソフトから成るコンピュータ将棋チームによる、3対3の対局です。棋士チームの指し手は、合議により決定します。コンピュータ将棋チームの指し手は、各ソフトの候補手を基に多数決により決定し、多数決で決まらない場合は、将棋電王トーナメント上位ソフトの候補手を採用します。

開催日程: 2016年12月31日(土)

出場者 :
【棋士チーム】森下卓九段 他2名
【コンピュータ将棋チーム】PONANZA、nozomi、大樹の枝

ルール : 後日発表

電王戦合議制マッチ 公式サイト:http://denou.jp/gougi2016/