プレスリリース

PRESS RELEASE

AI・VRを活用した英会話トレーニング「スマート・チューター」
高校生向けオリジナルスクリプト搭載版を
普通科プレミアム生に提供開始

学校法人角川ドワンゴ学園
2021年06月10日
   

 学校法人 角川ドワンゴ学園 N高等学校およびS高等学校は2021年6月10日より、VR技術を活用した新しい学び方である「普通科プレミアム」において、米PlusOne, Inc. が提供するVR英会話トレーニングソフト「Smart Tutor(スマート・チューター)」オリジナルスクリプト搭載版を導入します。スマート・チューターオリジナルスクリプト搭載版には、株式会社ドワンゴが開発した高校生向けの12種類の会話文が搭載されており、普通科プレミアムの生徒は追加の費用を支払うことなく利用可能です。
 スマート・チューターは、VR空間上の人物『Holosapiens(ホロ・サピエンス)』と英語で会話をしながら、コミュニケーション力を高めることができるVRソフトウェアです。ホロ・サピエンスに搭載されている人工知能(AI)が、利用者の発音や話す速度のほか、アイコンタクトや姿勢のポジティブさなどのコミュニケーションレベルも評価し、スコアで表示します。
 これにより、AIによる分析をもとにした、英会話の弱点の克服などの練習が可能です。VR空間内で英会話の練習に没入でき、AIキャラクターが練習相手となるため、気恥ずかしさなどを気にすることなく、しかも時間無制限で練習できるというメリットがあります。
 スマート・チューターのオリジナルスクリプト搭載版は、Oculus Quest向けのアプリ配信システムを介して、株式会社ドワンゴより普通科プレミアムの生徒向けに配布されます。


スマート・チューターの画面。AIが発 などを評価し、スコアで表示する

◆「普通科プレミアム」について◆
N高等学校、S高等学校では、株式会社ドワンゴおよび株式会社バーチャルキャストによる開発・協力のもと、最新のVR技術とデバイスを活用した体験型の学びができる「普通科プレミアム」を2021年4月に開始しました。普通科プレミアムでは、必修授業と多彩な課外授業をVR機器を用いて学習できます。また、N高生とS高生が集う交流スペースでは、趣味の合う仲間がみつかり、VRの世界で友だちが作れます。「普通科プレミアム」を選択した生徒には、授業教材の視聴を目的として、VR機器が無償で渡されます。なお、VR教材に使われている3Dモデルは、スタジオカラーとドワンゴ、麻生塾の3社が共同で設立したアニメーション制作スタジオ「スタジオQ」と、株式会社バーチャルキャストが制作しています。
・普通科プレミアム概要ページ: https://nnn.ed.jp/learning/premium/

◆学校法人角川ドワンゴ学園 N高等学校、S高等学校について◆
<N高等学校 本校:沖縄県うるま市、校長:奥平博一/S高等学校 本校:茨城県つくば市、校長:吉村総一郎>
N高等学校、S高等学校はインターネットと通信制高校の制度を活用した “ネットの高校”で、現在の生徒数は両校合わせて19,732名(2021年5月時点)。「IT×グローバル社会を生き抜く“総合力”を身につける多様なスキルと多様な体験」を掲げ、今のネット社会に合った新しい教育を実践しています。授業やレポート提出をネットで行うことで自分のペースで学べる高校卒業資格のための必修授業の他に、大学受験やプログラミング、小説、ゲーム、ファッション、料理、美容など多彩なネットでの課外授業や、全国各地で行う職業体験により、社会で役立つスキルや経験も高校時代に身につけられるカリキュラムが特徴です。ネットコース、通学コース、オンライン通学コース、通学プログラミングコースの4つのコースから選択できます。また、学び方についても、日々の学習をVR学習と映像学習で行う「普通科プレミアム」と、映像学習のみで行う「普通科スタンダード」を選択できます。関連スクールには教育機会確保法に基づくN中等部、小中学生向け実践的プログラミングスクールのN Code Laboなどがあります。
<公式サイト> https://nnn.ed.jp/ <公式Twitter> https://twitter.com/nhigh_info

【お問い合わせ先】
 学校法人角川ドワンゴ学園 広報担当 E-mail: n-press@nnn.ac.jp