プレスリリース

PRESS RELEASE

バーチャルキャスト✕角川ドワンゴ学園
VR学習プラットフォーム「普通科プレミアム」を開設
~ バーチャルキャストの機能 で実用的な VR教材を開発~

株式会社バーチャルキャスト
2020年10月15日
   

 株式会社バーチャルキャスト(本社:北海道札幌市、代表取締役社長:松井 健太郎)は、学校法人角川ドワンゴ学園と連携し、最新のVR技術とデバイスを活用した体験型の学びができる「普通科プレミアム」(認可申請中)を開発、2021年4月よりN高等学校およびS高等学校(設置認可申請中)にて提供開始することをお知らせします。
 「普通科プレミアム」では、単位認定授業と多彩な課外授業をOculus Quest2(オキュラス クエスト 2)に合わせて再構築した、オンライン教育の独学の弱点を克服する実用的なVR学習コンテンツを提供します。生徒はVRデバイスを装着して学習空間にワープし、360度の視覚と聴覚、そして実際に体を使って体感することで、より集中的・積極的に深い学びを得ることが可能です。また、周りに共に学ぶ仲間の存在を感じられることで学習継続のモチベーションにもつながります。学習アプリ「N予備校」とのシームレスな連携も特長で、従来の動画授業を受けながら、必要に応じてVR空間を自在に行き来して学ぶことができます。このほか、授業だけでなく、コミュニケーショントレーニングのために制作したプログラムでは、VR空間上での面接指導や担任との面談、異なる場所にいる生徒たちとの交流企画などを通じて、コミュニケーションスキルの向上を図ります。

 今回、これら普通科プレミアムの機能を1から専用VRアプリケーションを開発するのではなく、バーチャルキャストのプラットフォームが提供している機能を活用することにより、低コストで高品質なVR学習コンテンツの開発を実現しました。また、従来型の他社VRプラットフォームでは、授業ごとにVR空間とその中で使えるVR教材をセットで開発する必要がありましたが、バーチャルキャストでは「VCI(Virtual Cast Interactive)」(https://virtualcast.jp/wiki/doku.php?id=vci:top)というアイテムの仕組みによって、VR空間とVR教材をそれぞれ分離して開発することが可能です。そのため、従来のオンライン授業動画にVCIアイテムを追加・組み合わせるだけで簡単にVRコンテンツを作成することができ、学習指導要領の変更の際も授業動画の差し替えだけで対応できるなど、メンテナンスも容易です。
 バーチャルキャストでは、今後も汎用性の高いシステムを活用した真に実用的なVRソリューションを提供してまいります。

<普通科プレミアムの特長>
① VR の世界は勉強に集中できる、友だちがいるから学びが続く
視界と聴覚が360度VR空間の教室と音声に切り替わることで、普段のオンライン学習環境ではつい気になってしまうSNS通知など、気が散る要素を断ち切って勉強に集中することができます。また、生徒はアバターになってVR空間上の教室で授業を受け、VRタイムシフト機能により他の生徒が授業を受けていたときのモーション(動き)のログも残るため、ニコニコ動画のコメントのように非同期で再生することができます。これにより、いつでも共に学ぶ仲間の存在を感じることができ、孤独な学習環境から開放されるだけでなく、学習継続のためのモチベーションにもつながります。

② 積極的に取り組める参加・体験型学習
VRの特性を活かして、立体的な教材を動かしてみたり、分子模型を立体的に観察したり、名所や歴史遺産を360度見て回ったりといった、動きやスケール感を直感的に理解できるような体験型のVR教材を用意。VR空間上のアイテムは、バーチャルキャスト社のVCI(バーチャルキャストインタラクティブ)という技術を活用し、ものさしや地球儀など、他の単元や科目でも流用できるものを創り出します。アイテム単位で作っていくので、学習指導要領が変更になっても授業部分の動画を速やかに修正し、VR上のアイテムはそのまま新指導要領に使えるだけでなく、制作時間も短縮できます。

【VRアイテム例】
・グラフの動きや正多面体のつくり
・物理化学の実験
・地球儀や宇宙空間での天体の様子、月の満ち欠けなど
・歴史的建造物の再現や国会議事堂などの360度画像

③ 授業の途中で動画授業とVR授業がいつでも切り替え可能
学習アプリ「N予備校」とのシームレスな連携により、スマホで動画授業を見ている途中でも、好きなタイミングでVRデバイスを装着するだけで、VR空間での授業に切り替えることができます。VRデバイスを外せば、VR空間で見終わったところからスマホで授業の続きを見ることができます。このように、自分が必要な部分だけをすぐに取り入れることができるため、実用的かつ効率的で、オンライン学習の効果も高めます。

④ 面接対策や友だちとの交流でコミュニケーションスキルを向上
Oculus Quest2にはスピーカーとマイクが内蔵されているほか、体の動きをVR内に反映することができます。この特性を活かした、コミュニケーションのためのオリジナルコンテンツを用意しました。面接シミュレーションでは、現実に近い環境で実践的なコミュニケーショントレーニングが可能です。交流スペースでは、日本全国・海外在住の生徒たちがボイスチャットでお互いを身近に感じながら、アバター制作アプリ「カスタムキャスト」(http://customcast.jp/)※でなりたい自分に変身して、コミュニケーションを楽しむことができます。※普通科プレミアムの生徒は無料で利用できます(通常月額550円/税込)。

【バーチャルキャスト公式サイト】 https://virtualcast.jp/
【VR教育システムに関するページ】 https://corp.virtualcast.jp/enterprise/edu/

株式会社バーチャルキャスト(ドワンゴ) 広報部 E-mail:pr@virtualcast.jp