プレスリリース

PRESS RELEASE

株式会社バーチャルキャスト、第三者割当増資等により
約10億円の資金調達を実施

株式会社バーチャルキャスト
2019年10月01日
   

VRライブ・コミュニケーションサービス「バーチャルキャスト」や3Dデータ流通プラットフォーム「THE SEED ONLINE」を運営する株式会社バーチャルキャスト(本社:北海道札幌市、代表取締役社長:松井 健太郎)は、川上量生氏を引受先として第三者割当増資等による約10億円の資金調達を実施したことをお知らせいたします。
この度の資金調達により、運営サービスである「バーチャルキャスト」「THE SEED ONLINE」のさらなる機能開発を進めてまいります。

【株式会社バーチャルキャスト/運営サービスについて】

◆VRライブ・コミュニケーションサービス「バーチャルキャスト」 (URL: https://virtualcast.jp/
ユーザーがバーチャルキャラクターになって、VR空間のスタジオでリアルタイムにコミュニケーションできるVRライブ・コミュニケーションサービスです。ニコニコ生放送を始め、YouTube、SHOWROOM、REALITYなどの配信サービスを介してスタジオを公開したり、複数人のユーザーが遠隔地から同時に同じスタジオに集まってコミュニケーションを楽しむことができます。

◆好きなアバターやアイテムを持ち込める「THE SEED ONLINE」 (URL: https://seed.online/
「THE SEED ONLINE(ザ・シードオンライン)」は、VR向け3Dアバターファイルフォーマット「VRM」で作成された3Dキャラクター(人型アバター)および3Dデータ(VCI・GLB形式)をアップロードし、各種VRサービスや連携アプリで利用することが出来る流通プラットフォームです。自身でデータを持っていなくても、公開されているデータを取り込んで利用することが可能です。

◆VR空間を自由にプログラム可能な「VCI」システム
「バーチャルキャスト」では、VR空間に3Dオブジェクトをアイテムとして持ち込めるだけでなく、自作のスクリプトを設定する事も可能です。「VCI(Virtual Cast Interactive)」システムによって、アイテムや背景にさまざまなアクションを組み込むことができ、だれでも簡単にVRゲームや動的な背景、アバターに装着可能なアイテムなどを自由に作成することができます。
VCIで洋服や帽子、サングラスなどを作って自分のアバターを着飾ったり、ボウリング場やバッティングセンターを作って、皆で集まってスポーツを楽しんだり、自律的に動くかわいいペットを作って、VR世界をいっしょに散歩したり…アイデア次第で、VRの世界や楽しみ方は無限大に拡がっていきます。これらのVCIアイテムは「THE SEED ONLINE」にアップロードすることで、他のユーザーに配布することも可能です。

【会社概要】
◆会社名: 株式会社バーチャルキャスト
◆事業内容:VRライブ・コミュニケーションサービス「バーチャルキャスト」や3Dモデルの流通プラットフォーム「THE SEED ONLINE(ザ・シードオンライン)」など、 “VR総合プラットフォーム”の開発・提供。
◆所在地: 北海道札幌市中央区北一条東四丁目1番地1サッポロファクトリー1条館
◆代表者: 代表取締役社長 :松井 健太郎
◆役 員: 取締役COO :石井 洋平
      取締役CVO※ :山口 直樹
      取締役CTO :岩城 進之介
      監査役  :渡辺 彰 
※CVO:Chief Virtual Officer:最高仮想化技術責任者
◆設立日: 2018年7月27日
◆会社HP: https://corp.virtualcast.jp/