プレスリリース

PRESS RELEASE

「ニコニコチャンネル」月額会員数100万人に到達
年間ユーザー課金額55億円超
国内最大級のサブスク型“ファンコミュニティプラットフォーム”へ

株式会社ドワンゴ
2019年05月28日
   

 株式会社ドワンゴ(本社:東京都中央区、代表取締役社長:夏野剛)は、同社が運営する日本最大級の動画サービス「niconico」の「ニコニコチャンネル」において、月額会員数が100万人に到達したことをお知らせします。

直近3カ月で月額会員数10万人増、拡大加速

 2008年3月にサービスを開始した「ニコニコチャンネル」は、企業・団体・一般ユーザーが動画や生放送、記事コンテンツを配信できるプラットフォームです。専門知識不要でチャンネルを開設することができ、有料チャンネルでは収益を得ることが可能です。
 2019年3月期に月額会員数が過去最高の30万人増を記録し、ユーザー課金額とともに前年比5倍の成長率となりました。そして、今年2月に月額会員数90万人を突破して以降、3カ月で10万人の新規入会を得て、4月25日時点で100万人に達しました。
 月額会員数の上位100チャンネルは以下の通りです。


「ニコニコチャンネル」月額会員数の推移(2019年5月集計時点)


月額会員数上位100チャンネル  ※五十音順(2019年5月集計時点)

累計売上TOP100ch運営者の平均収益額は1億円以上、TOP5chは4億円以上に

 「ニコニコチャンネル」の月額会員数拡大に伴い、チャンネル運営者が受け取っている収益も増加しています。2019年5月時点で、累計売上額上位100チャンネルの運営者の平均収益額は1億円以上にのぼり、上位5チャンネルの平均収益額は4億円を突破しています。特に近年、ファンコミュニティサービスの需要が高まる中、「ニコニコチャンネル」は独自のサブスクリプション型“ファンコミュニティプラットフォーム”として、幅広いジャンルのチャンネル運営者に活用され、拡大し続けています。

ギフト機能※1や、運営者向けのサポート強化などサービス拡充を予定


ギフトイメージ

 「ニコニコチャンネル」では、会員ユーザーおよびチャンネル運営者がより快適にサービスを利用することができるよう、機能追加や改善を随時行っています。直近では、ニコニコのトップページに当日の「おすすめチャンネル」を表示する機能を5月22日に実装したほか、6月3日にはチャンネル生放送でのギフト機能の利用が可能になり、コミュニティの活性と収益性の向上が見込まれます。
 また、運営者向けに、各チャンネルページの来訪者動向を定量的に把握できるマーケティングデータを提供予定です。これにより、コンテンツ戦略を立てやすくするなど、チャンネル運営のサポートも強化します。

【ニコニコチャンネルの主な機能追加予定】
・チャンネル生放送にギフト機能を追加
・チャンネル生放送にニコニコ新市場※2を追加

※1:視聴者が番組にアイテムを贈ることで番組を盛り上げ、配信者を支援できる機能
※2:生放送で利用できるゲーム・ツール・商品などを動画プレーヤー下部に貼り付けることができるサービス

【ニコニコチャンネルについて】
「ニコニコチャンネル」は、企業・団体が動画・生放送・記事・ブログなどを配信ができるプラットフォームとして2008年にサービスを開始。2013年12月からは企業・団体だけでなく一般ユーザーも対象となる「ユーザーチャンネル」を開始。現在、開設されている8,563チャンネルのうち、有料チャンネルは1,470chで月額会員数100万人を突破、国内最大級のサブスクリプション型“ファンコミュニティプラットフォーム”として成長を続けています。
※チャンネル数は2018年12月時点
■ニコニコチャンネルURL:http://ch.nicovideo.jp/