Education教育

【N予備校】
 『N予備校』は、ドワンゴが運営するニコニコ生放送のシステムをもとに独自に開発した、教材・生授業・フォーラムをスマホに最適化したオールインワン学習アプリです。双方向性システムを取り入れた生放送の授業では、コメントによる質問や挙手による回答添削、授業中の一斉アンケートシステムなど、学習の効率と質を向上させる機能が特徴で、大学受験・プログラミング・Webデザイン・動画クリエイターなどさまざまな講座を提供しています。2021年4月より、最新のVR技術を活用し、VR空間上で学習できる授業教材の提供も開始しました。 学校法人角川ドワンゴ学園のオンライン学習プラットフォームと して導入されているほか、一般にも有料で公開されています。
 2018年10月には、 これまでの eラーニングの課題であった動画を視聴するだけの一方向性を解決した新規性、独自性が評価され、 第 15 回「日本 e-Learning 大賞」において文部科学大臣賞を受賞しました。

  • - コメント/質問機能
     クラスメイトのみんなとコメントで感想・気持ちを共有して一緒に授業に参加できます。 質問スイッチを入れてコメントすれば、講師に質問として伝わり、答えてもらえやすくなります。

  • - アンケート/クイズ
     授業中、先生が授業の理解度を確認するために、アンケートや選択式の問題を出題します。解答によって、授業の進行をその場で柔軟に変えていきます。

  • - 挙手
     授業中に先生が記述・論述形式の問題を出題します。その場で手元のノートを撮影して送信し選ばれると、答案を先生が授業中にその場で添削してくれます。

「N予備校」サイトへ

【プロジェクト学習】
 ドワンゴは、予測困難なこれからの時代に生きるために必要なスキルを身につける能力開発プログラムを開発・提供しています。

- 21世紀型スキル学習
 不確実な社会をよりよく自分らしく生きていくために「自己を認識し、多様な他者と協同/協働し、正解のない問題に取り組むための力」を学習するプログラムです。リアル環境やオンライン環境でのワークショップやプロジェクト学習を通して、自分の感情やストレス、思考の癖を認識し対処していくためのスキルや、多様な他者と協同/協働するためのコミュニケーションスキルやリーダーシップ、正解のない問題に取り組むための創造的思考や批判的思考の獲得を目指します。
 角川ドワンゴ学園の21世紀型スキルプログラムは世界保健機関(WHO)が提唱するライフスキル〔※1〕と国際団体ATC21sが提唱する21世紀型スキル〔※2〕を参考に、専門家と共同で開発しているオリジナルのプログラムです。一人ひとりが将来をより良く生きていくための教育プログラムとして取り入れられています。
※1日常のさまざまな問題や要求に対し、より建設的かつ効果的に対処するために必要な能力
※2デジタル時代に必要となるリテラシーを含むスキル

- プロジェクトN
 角川ドワンゴ学園が運営する「N高等学校/S高等学校」通学コースのメインカリキュラムとして開発。高校生が社会に出て活躍するための知識やスキルを身に付ける課題解決型学習プログラムです。
 1~2か月ごとに変わる「答えのない社会課題」に対し、特にビジネスで求められるスキル(思考力・表現力・プロジェクトマネジメント・IT スキル・コミュニケーション力)を駆使し、具体的な解決策企画とアウトプットを制作しています。これまで実施してきたプロジェクトの分野はSDGs、ヘルスケア、政治、伝統文化、未来の技術など幅広く、さまざまな企業や官公庁とコラボレーションした授業を行っています。参加する生徒は高校1~3年の生徒たちが学年混合で、Adobe Creative Cloud、Google Workspace、Slack、Zoomなどのデジタルツールを駆使して、一つのプロジェクトをまとめ上げています。
 社会的な課題の設定と、極めて今日的なスキルの取得、具体的なアウトプットを制作するという、一連のアプローチが認められ、「2020年度グッドデザイン賞」を受賞。

「プロジェクトN」サイトへ