エンジニア

エンジニア

Processエンジニア 応募方法

選考フロー

  • 1プレエントリー

    ページ上部のエントリーボタンよりエントリーしてください。
    マイページのアカウントが発行されます。

    ※エンジニア職は10/10(水)にて応募受付を終了いたしました。

  • 2受験料納付

    受験料金:3,000円
    対象者:2019年新卒採用に応募者のうち、1都3県(東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県)に在住の方

  • 3書類提出

    【必須】エントリーシート・技術アピール
    ※マイページより書類をご提出ください。
    ※8月1日より技術アピールの提出は必須となりました。
    ※技術アピールの詳細は下方をご確認ください。

  • 4適性検査+面接

    書類選考通過の方には、適性検査のご案内をいたします。
    適性検査はインターネット受検が可能ですので、初回面接までに受検を完了してください。面接は1〜3回を予定しております。

  • 5内々定

受験料は現住所が1都3県の方のみ対象です。それ以外の地域の方は免除となります。対象者の方には、マイページ内で納付のご案内をいたします。

[受験料の目的]

「本当に入社したい人にエントリーしてもらい、時間をかけて潜在的な能力を見極めるような選考を行いたい。」という想いから、新卒採用のエントリー時に、受験料3,000円をお支払いただきます。 また、地方の就活生は面接などに参加する際、時間的にも金銭的にも不利な状況が多くなりがちです。この状況を考慮し、1都3県以外に在住(生活の拠点が首都圏外)の応募者の方の受験料は免除することにいたします。

技術アピール

エンジニアとしての技術力をPRするものとして『技術アピール』の提出が必要です。
提出内容により面接回数が少なくなる可能性があります。

採用フロー 採用フロー

技術アピールの種類

  • コード提出
  • 論文提出
  • プロコン参加
  • コード提出
    作成したアプリケーション・オープンソースソフトウェア・ゲームなどのソフトウェア成果物一式を提出
  • 論文提出
    学会や学術雑誌、学校に提出した論文(卒業論文・修士論文・博士論文等)を提出
  • プロコン提出
    2018年1月13日(土)に開催する、「第4回dwangoプログラミングコンテスト」の予選に参加
「第4回dwangoプログラミングコンテスト」の情報は、下記リンクよりご確認ください。
第4回 ドワンゴからの挑戦状 第4回 ドワンゴからの挑戦状

提出内容・提出方法

コード提出

【提出内容】

ゲームやWebアプリケーションなどのプロダクトを提出。
ソースコード等、関連するデータ全てをご提出いただきます。

【提出方法】

応募者マイページより、以下いずれかの方法で提出してください。

■GitHubでの提出
  • 提出したい GitHub リポジトリのURL
  • 応募者IDを記載した Secret Gist のURL
■ストレージサービスを利用しての提出

ストレージサービスのダウンロードURL
※ダウンロード期限は、1ヶ月以上設定してください。

論文提出

【提出内容】

論文のPDFデータを提出。

【提出方法】

応募者マイページより、論文データをアップロードして提出してください。

■アップロードして提出(最大10Mまで)

PDF等の論文データを、アップロードしてください。

プロコン参加

【提出内容】

2018年1月13日(土)の「第4回ドワンゴからの挑戦状 予選」に参加し、予選結果や他のコンテスト実績を提出。

【提出方法】

応募者マイページより、必要事項をお知らせください。

■入力項目 抜粋
  • UserScreenName
  • 予選順位
  • (任意)その他、競技プログラミング関連の実績
■本選出場が決まった方

予選結果により、本選出場が決まった方は、本選参加後にエントリーし、面接パス権の種類を選択してください。