スマホアプリ開発-柳 裕貴

スマホアプリ開発 柳 裕貴 Yanagi Yuki

2014年新卒

筑波大学 理工学群 物理学類 卒業

研究テーマ:バナジウム酸化物系の物性測定と測定装置の開発

学生時代は、物理学類に進学して、数値計算や測定装置を作るためのプログラムを書くことに熱中していました。 その他、課外活動ではジャズに特化したフェスイベントの新規立ち上げをしており、イベントの企画や、広報を担当していました。 一緒に学ぶ仲間、イベント立ち上げの仲間に恵まれ、「今しかできないことは、やりきろう!」という気持ちで日々過ごしていました。

ドワンゴはプログラミングが好きな人がたくさん集まっているイメージがあり、働きながら多くのことを学べそうだと感じたから志望しました。 また、働き方や仕事における裁量が大きそうで自分に合っていると感じました。

「ニコニコ漫画」iOSアプリの新規開発

現在担当するプロジェクトは、「ニコニコ漫画」iOSアプリの新規開発です。
http://info.nicovideo.jp/nicomanga/

「ニコニコ漫画」は、出版社作品だけではなく、ユーザー投稿マンガも取り揃えた国内最大規模の作品数が集まるマンガアプリです。 マンガの上をコメントが走るようなニコニコらしさもある一方で、スマートフォンでのマンガの見開きページの表現を工夫するなど、読みやすさ・使いやすさにも気を配って開発しています。

私が担当したのは、iOSアプリで、すでに途中まで開発が進んでいたAndroidアプリをベースに、設計を行いました。 iOSで快適に使えるようなUI/UXを検討した上で、クイックな開発・リリースを行いました。iOS開発は未経験のチームでしたが、 Android版アプリ開発を担当する先輩方の指導のおかげで、無事リリースすることができました。アプリリリース後は、機能改善や不具合修正などと並行して、 プッシュ通知のバックエンドの仕組みを作ったり、アプリから利用されるAPIを作ったりなどとiOSクライアント開発以外の仕事も行っています。

インタビュー風景その1

アプリ開発はユーザーからの反響も大きく、やりがいを感じる。

開発者は、どんな仕様で動いているかを理解しているから、スムーズに使えて当然で。 一方ユーザーさんは、仕様なんて知らない。機能追加や変更時は、ユーザーが欲しい機能を、ごく自然に操作できる形を考え、 議論しながら進めています。開発者内で意見が衝突することも多々ありますが、こういった部分はこれからもしっかりと時間をかけてやっていきたいです。

ドワンゴは、動画・生放送配信など、サーバーサイドの開発も活発ですが、 ニコニコ漫画アプリやニコニコチャンネルアプリなど、ネイティブアプリの開発も活発に行われています。 ニコニコのサービスを利用する膨大な数のユーザーのデバイスに直接インストールされるアプリの開発は、責任が重く、 難易度の高い仕事ではありますが、ユーザーからの反響も大きく、やりがいを感じることができます。 ドワンゴには、多種多様な技術に精通したエンジニアが働いているので、行き詰った時は、臆せずに質問するよう心掛けています。 仕事以外でも技術的な情報交換が気軽に行える環境は、ドワンゴの強みだと思います。

インタビュー風景その2

技術面だけではなく刺激をもらえる会社

ドワンゴには、多種多様な技術に精通したエンジニアがたくさんいて、 エンジニアにとっては刺激的な環境だと思います。私自身もコツコツと経験を積んでいきたいです。 また、私は野球部に所属していて、他職種の人と話す機会が多いのですが、ドワンゴはエンジニアだけではなく、 尖った経験のある人や面白い人がたくさんいて、技術面だけではなく刺激をもらえる会社だと思います。 同好会活動は、他部署の人との交流もできるし、運動不足も解消できる、大切な時間です。

インタビュー風景その3