サービス開発-五十嵐 沢馬

サービス開発 五十嵐 沢馬 Igarashi Takuma

2012年新卒

東京工業大学大学院 総合理工学研究科
知能システム科学専攻 卒業

研究テーマ:自然言語処理の研究

大学院では自然言語処理に関する研究をしていました。自然言語処理は、簡単に言えば「機械で言葉を扱う」研究分野で、 昨今頻繁に話題にあがる人工知能や機械学習と関連のある研究です。ニコニコが持つコメントの言語資源で何か面白いことができないかと思い志望しました。

入社当時は言語資源を扱うプロジェクトがあまりなかったため、研修後の配属は、niconicoのAndroidアプリの開発チームでした。学生時代はJavaをメインにプログラミングをしていたので、 同様にJavaを用いるAndroidアプリチームへ配属されたのかと思います。最近の新卒入社の方は配属前に希望部署を相談できる機会があるので、やりたいことをやりやすい環境になっていると思います。

ニコ生開発は、社内外からたくさん要望が寄せられる仕事

2013年春からニコニコ生放送チームで開発に携わっており、今はフロントシステム開発のリーダーをしています。
http://live.nicovideo.jp/

生放送サービスにおいて重要なのは、放送する側(配信者)とそれを見る側(視聴者)の双方向のコミュニケーションであると考えていて、 それをスムーズに、より面白くできるよう考えています。特に、ストリーミングの遅延については厳しい基準を設定し、それをクリアできるよう設計・実装しています。 ニコ生は、自社サービスの中でも大規模なため、ユーザー数が多いだけではなく、社内の関係者も多く、様々な要望が開発チームに寄せられます。 仕事はたいていの場合、限られた時間や人員、システム的な制約を伴って進めなければならないため、ユーザーメリット、システムメリット、会社のメリットなどを総合的に考えて優先順位や仕様を決め、 その時点でできるベストを尽くすよう考えています。

また、デザイナー・企画・営業など、エンジニア以外の人との折衝も多いので、 認識の齟齬や情報共有不足が起こらないよう、協調して進められるよう意識しています。現在、挑戦していることとして、 現行のサービスの作り直しや刷新などがあります。ニコニコの母体である「ニコニコ動画」は2006年12月にリリースされ、 10年以上続くサービスです。ECサービス以外でほぼ形を変えず10年続くサービスは数少ないと思いますが、 その年月によりシステム面・サービス面で老朽化している部分もあるのが現状です。現在は『脱FlashPlayer』に取り組んでおり、 生放送を視聴するプレーヤーの作り直しが進んでいます。これは長く続くサービスだからこそ、経験できること。この経験で得られる知識は、 全く新しいサービスを設計する上でも生きると思っています。

インタビュー風景その1

ニコニコのコメントは、独自の言語資源

ニコニコは入社前からユーザーで、単純に面白いサービスだと思います。 その面白さの大きな鍵はコメントだと思っていて、それは他社にはない独自の言語資源です。 配信される動画や生放送などに、誰が、いつ、どのような感情を持ったのかなど、コメントには様々なデータが含まれます。 コメントを眺めていると、不思議と視聴者側に一体感が生まれたり、他のユーザーのコメントによって、視点を変えた面白さを発見したりします。 私は、自然言語処理の研究をしていたこともあり、将来的にはそれらを活用した面白いことをしたいという気持ちがあります。

インタビュー風景その2

困難を乗り越え、一緒に喜びを分かち合える仲間

Web業界はスピードが速く、その中でもドワンゴは、新しい技術を取り入れることに意欲的で、 新しい概念のサービスをリリースする会社です。業務を進める中で、困難なことや悩むことは、チームを問わずたくさんあります。 そうした環境だけれども、『一緒に頑張りたい』と思ってエントリーしてくれる方がいればとても嬉しいです。 ドワンゴには、目標を達成できたときに一緒に喜びを分かち合える仲間がいます。最近これは幸せなことなのではと思うようになりました。 就職活動も楽ではないと思いますが、ぜひ頑張って一緒に働けるステージまで来てください。お待ちしています!

インタビュー風景その3