デザイナー-豊田浩司

デザイナー 豊田 浩司 Toyota Koji

2012年中途

グラフィックデザイン専攻

正直なところ、私は入社するまでドワンゴがどんな会社かあまり掴めていませんでした。ニコニコ動画も見たことがなかったし、モバイルコンテンツなどもダウンロードしたことがありませんでした。そんな私が入社するきっかけになったのは、転職活動中に会った知人の「ドワンゴは面白い会社だよ」という言葉でした。
その知人は熱っぽくドワンゴの取り組みについて説明してくれたのですが、サービスを利用したことがなかった当時の私にはピンときていませんでした。ただ、転職先はWebを利用したエンタメコンテンツを扱っている企業を志望していたので、そんなにオススメされるなら受けてみようかと思い、応募することにしました。

いざ入社してみると、ドワンゴは”普通ではない”ことをすぐに実感することができました。一言で言うと「自由」。服装も自由だし、髪型も自由。すぐに仲良くなったのはお子さんがいるアフロのパパさんでした。デスクも自分の働きやすい環境にカスタマイズすることが可能で、観葉植物やぬいぐるみに囲まれながら仕事をしている人もいます。
ドワンゴは案件の納期や目標はきちんと設定されるものの、それを達成する方法はかなりの部分を自分の裁量に任せてもらえます。もちろんその分、自らの責任も増しますが、代わりにやりがいや達成感が大きく、ドワンゴならではの魅力だと感じています。

プロジェクト進行の根幹を学ぶ

ドワンゴに入社して、初めてスマホアプリのデザインを担当した時は苦労が多かったです。
デザインを何度もブラッシュアップし、スマホアプリのUIとしてふさわしいところまで突き詰めて検討していく作業や、開発担当のエンジニアとディスカッションを繰り返し、仕様やUIを一つずつ確認していく工程は、Webデザインの経験がメインだった自分にとってまさに刺激的な経験でした。

自分が想定していた以上に困難なプロジェクトとなりましたが、それを無事にリリースできた時の達成感はひとしおでした。
この経験から、アプリUIに関する知識や技術だけでなく、「企画担当者や開発担当のエンジニアの視点に立って考え、意見の相違がある場合はきちんとコミュニケーションを取り解決していく」というプロジェクト進行の根幹も学ぶことができました。この時培った経験や知識は現在担当している全てのデザイン業務に活きています。

インタビュー風景その1

納期を守り、信頼関係を構築する

業務で心がけていることは「納期厳守」です。もちろん様々な外的要因でプロジェクトの進行が遅れることは稀にありますが、少なくとも自分が原因での遅延はないように意識しています。納期を守るという当たり前のことを守れないと、プロジェクトチーム内での信頼関係が揺らぎ、全体の進行にも大きく影響すると考えています。

ドワンゴの仕事はデザイナーだけで完結することは少なく、大きなプロジェクトになればなるほどデザイナー以外の多くのメンバーが関わります。チームで仕事を進める以上、信頼関係を保つことはとても重要です。今までタイトなスケジュールでのオーダーは多くありましたが、納期から逆算して細かくスケジューリングを行い、習得した技術や知識を活かして業務を効率化することで、期間内での納品を実現してきました。こうした経験を積み重ねることで、自分の作業スピードを正しく把握でき、自信をもって案件を引き受けることができるようになりました。

インタビュー風景その2

ドワンゴのデザイナーだからこそできる体験

毎年開催されるリアルイベント、「ニコニコ超会議」内でドワンゴデザイナー主導で行う「超フェイスペイントブース」は初回から運営として参加していますが、毎年チャレンジの連続でした。初年度は、来場者の顔にフェイスペイントを施すということ自体が初めての挑戦でしたし、翌年にはより難易度の高いペイントにトライしたり、2017年には、ブースのメインディレクターも経験しました。企画から在庫確認、物品購入、他部署との連携調整、著名人へのペイント交渉、チームメンバーの業務割振り、フェイスペイント練習会の実施など、普段の業務ではなかなか経験できない体験をすることができました。次回のニコニコ超会議でもディレクターとして参加し、来場者の皆さんに楽しんでいただけるよう尽力していきたいと思います。

インタビュー風景その3