ENGINEER

新しいエンタメのカタチづくり
新しいエンタメのカタチづくり_sp

私たちだからこそ挑戦し、カタチにできる事業がある

私が考えるドワンゴの魅力は、取り組む事業に縛りがなく、一つの会社の中に、非常に様々な業種や職種が存在するところです。ドワンゴはよく、niconicoのイメージから動画配信サービスの会社だと思われることが多いですが、イベント企画・運営や教育事業、ゲーム開発やIP創出、メディアの編集など、動画・生放送だけにとらわれることなく、様々な新しい事業に取り組んでいます。近年力を入れているVR事業では、仮想空間でユーザー同士が交流し対話ができる、全く新しいプラットフォーム作りにも取り組んでいます。ドワンゴが新しい事業に踏み込む時には、まずその内容が面白く、世の中に意義があることかどうかを考えます。技術的なハードルが多少高かったとしても「我々が挑戦すべきことである」と捉えたことは、恐れることなく推進していっています。

栗田穣崇
栗田穣崇_sp

人の心の本質を見つめるからこそ、これまでにないVR世界ができる

ドワンゴでは2010年頃から「ネットとリアルの融合」という言葉を掲げていましたが、今はその先のことを考えています。そのひとつが「VR空間上で、人は生きていけるのか?」ということです。ドワンゴとしてVR空間でのエンタメをどう進化させるべきか。経済的にも広がり、幸福感で満たされる新しい世界のエンタメは何か、いろんな角度から日々考えています。これまで、Webサービスのniconicoは、趣味趣向の近いユーザーを、コンテンツを中心につなげてきました。
その中で少し予想外だったことは、リアルでも繋がりを求める言動が起こり、ユーザーの声をカタチにした超会議が始まったことです。これはネットと現実で得られる充足感が違うことが理由で、その違いの本質を理解し、VR空間内で心が振れる設計をすることがサービスを成長させる鍵で、私たちにしかできないことだと考えています。

横澤大輔

あなたが信じる「次の面白いこと」を一緒に

ドワンゴは年齢に関わらずチャンスがある会社です。年功序列がなく、自分が挑戦したいことに自ら手を上げ、やりたいことを実現した社員がたくさんいます。こうした機会が与えられる理由は、若年層がターゲットのサービスなら、同年代でその面白さを語れる情熱がある人が、作り手を担った方が良いものができることを、我々が確信しているからです。作り手の熱量がユーザーの心を動かし、ユーザー間で伝播した熱量が増幅します。そして自分が面白いと思うことを、「なぜ面白いのか」「何ならお金を払うのか」など、主観的な思いだけでなく、客観的・論理的に他者に熱く語ることを、新入社員へ期待しています。そこに賛同する社員が集まれば、少し年長の仲間が実現までの壁の乗り越え方をサポートすることで、新しい企画を実現できるでしょう。新しいことをやるので、失敗はつきものですが、それでいいんです。新しい世界のエンタメを実現させたい人、ぜひドワンゴで挑戦してください。

ABOUT US

ABOUT US

会社概要

ドワンゴの会社概要をご覧になれます。

CompanyProfile
CompanyProfile_sp

働く環境

人事制度や福利厚生をご覧になれます。

WorkingEnvironment_sp
WorkingEnvironment

社員紹介

社員紹介では新卒入社者へのインタビューを掲載しています。

member_sp
member

フォトギャラリー

ドワンゴのオフィスや運営している施設をご覧になれます。

PhotoGallery_sp
PhotoGallery