株式会社ドワンゴ

ドワンゴで働く理由 REASONS TO WORK AT DWANGO

reason01

コラボレーションで広がる可能性

ドワンゴが関わるプロジェクトでは、独自の技術力や企画力で、意外性のあるコラボレーションが実現しています。その一例をご紹介します。

松竹×NTT×ドワンゴ超歌舞伎 supported by NTT
「花街詞合鏡」
(くるわことばあわせかがみ)

歌舞伎俳優 中村獅童さんとバーチャル・シンガーの初音ミクさんが主演を勤め、立体音響やAR技術など最新の舞台演出技術が使われた新しい歌舞伎の演目です。華やかな廓(くるわ)の街を舞台上に、透過スクリーンに映しだされる花魁 初音太夫(初音ミク)が、歌舞伎俳優たちと共演する様子は、リアルに美しく表現されています。当演目は、松竹とドワンゴで製作し、2013年より映像&ソーシャルサービスの高度化に関する業務提携を行っており、ニコニコ超会議2017の超特別協賛であるNTTに技術協力もいただき実現したプロジェクトです。テーマとなるボカロ曲の選定から、舞台演出、シナリオに至るまで全てオリジナルで製作しました。総合プロデューサーは弊社専務の横澤大輔が務め、松竹のプロデューサーと、脚本家 松岡亮氏、演出・振付の藤間勘十郎氏を中心とするコアスタッフで、舞台プロットを考えていきました。舞台演出や技術面についても、よりよい演出ができないか、NTTや弊社の先端演出技術開発エンジニアを中心にした技術チーム、映像演出チームと共に考えていきました。結果的に、新しい技術と伝統芸能が融合した舞台をお披露目することができました。お客様も歌舞伎ファンの方とボカロファンの方、全く知らずに見に来た方、皆様が楽しんでいただける演目となりました。

【受賞歴】

  • 「ACC CM FESTIVAL 2016」にて、インタラクティブ部門のブロンズ賞を受賞、そして個人に贈られるインタラクティブ部門のテクニカルディレクター賞を、NTTサービスエボリューション研究所 主任研究員 長田信秀氏が受賞
  • 「クールジャパン・マッチングアワード2016」グランプリ受賞
  • 「デジタル・コンテンツ・オブ・ジ・イヤー '16/第22回AMDアワード授賞式」大賞、総務大臣賞を受賞

※2016年度受賞実績

[主催]
ニコニコ超会議実行委員会
[製作]
松竹株式会社、株式会社ドワンゴ
[制作協力]
クリプトン・フューチャー・メディア株式会社、重音テトオフィシャルサークル「ツインドリル」、エグジットチューンズ株式会社
[超特別協賛/技術協力]
NTT
[劇中曲]
「吉原ラメント」(作詞・作曲:亜沙)
[公式サイト]
http://chokabuki.jp/

NHN PlayArt×ドワンゴ#コンパス 戦闘摂理解析システム

共同ゲームプロジェクトとして、NHN PlayArt株式会社とiOS/Android対応ゲーム『#コンパス〜戦闘摂理解析システム〜』を提供しています。バトルを通じてプレイヤーたちがコミュニケーションをとり合う、架空のSNSの世界を舞台にしたゲームです。現実のSNSに近い機能を持っており、バトルだけでなく、プレイヤー同士がゲームの攻略法を語り合ったり、大会イベントで情報交換する場を提供しています。NHN PlayArt社ではゲームシステムの開発・運用を手がけ、ドワンゴではニコニコで活躍する絵師やボカロPのキャスティング、キャラクターデザインやテーマソングなどの制作進行をしています。

[運営・開発]
NHN PlayArt株式会社,株式会社ドワンゴ
[公式サイト]
http://app.nhn-playart.com/compass/lp/

NTTメディアインテリジェンス研究所×ドワンゴなりきり質問応答

NTTとドワンゴの共同研究として、「なりきり質問応答」を提供しています。月額課金制のニコニコチャンネル「伏見つかさチャンネル」の会員向けサービスとして、「俺の妹がこんなに可愛いわけがない。」に登場する「新垣あやせ」にファンがなりきって様々な質問に応答したり、「新垣あやせ」に質問をすることで良質な対話データを収集するプロジェクトです。サービスリリースから約3週間で約10000件の対話ペア(質問と応答のペア)が集まり、現在も増え続けています。本コラボレーションでは、ユーザーのなりきりで育成したキャラクター性のある対話AIを社会に提供することを目指しています。NTTメディアインテリジェンス研究所で開発された「なりきり質問応答」システムを活用し、ドワンゴではユーザーがより楽しめるようにUIやアニメーション、ランキング機能などを開発しサービス化を行いました。

[運営]
株式会社ドワンゴ
[技術協力]
NTTメディアインテリジェンス研究所
[制作協力]
©伏見つかさ/アスキー・メディアワークス/OIP2、株式会社バンダイナムコエンターテインメント、株式会社Live2D
[公式サイト]
https://narikiri-qa.jp/oreimo-ayase/

東京都豊島区×アニメイト×ドワンゴ池袋ハロウィンコスプレフェス

「池袋ハロウィンコスプレフェス」は、日本発の代表的なサブカルチャーのひとつであるコスプレ文化を、日本のサブカルチャーの中心地のひとつである池袋から世界に発信していくイベントです。イベントの様子はニコニコ生放送を介し、国内外にインターネット生放送で配信されます。このフェスティバルは、豊島区、アニメイト、ドワンゴを中心とした池袋ハロウィンコスプレフェス実行委員会で組織され、サンシャインシティなど、池袋の街にある企業や、商店街と連携して実施されています。
また、日本全国から様々なコスプレ関連会社が協力として参加し、世界中からコスプレイヤーやコスプレファンが集まる、池袋の街を大きく巻き込んだ日本最大級のコスプレイベントとなっています。

[主催]
池袋ハロウィンコスプレフェス実行委員会(niconico / 株式会社アニメイト )
[共催]
豊島区 / 豊島区商店街連合会 / 一般社団法人豊島区観光協会 / 東京商工会議所豊島支部 / サンシャインシティ
[運営制作]
株式会社アニメイト / 株式会社ドワンゴ / 株式会社ハコスタ
[公式サイト]
http://ikebukurocosplay.jp/