株式会社ドワンゴ

エンジニア

岩城 進之介

IWAKI SHINNOSUKE

エンジニア[2011年中途入社]

『ニコニコ生放送』での配信をきっかけに、2011年ドワンゴに中途入社。現在は、『ニコニコ超会議』、『ニコニコ超パーティー』等のリアルイベントやAR/VR関連のサービス、そして次世代技術を用いたライブハウス『ニコファーレ』で必要とされる「リアルとネットを接続するための次世代演出技術の開発」を担当している。

1ユーザからドワンゴの社員へ

ドワンゴという会社の存在は、1ユーザとして『ニコニコ生放送』を配信していたので入社前から知っていましたし、チャンネル生放送への出演や公式生放送の手伝いをする機会があったためドワンゴ社員との接点も実は入社前からありました。当時より『ニコニコ生放送』の即時性・双方向性については非常に面白いと思っていて、趣味で『ニコニコ生放送』のコメントを演出展示する仕組みを開発していました。

そのなかで、別の会社の面接に落ちたことを愚痴る生放送を配信していたところ社員から「ドワンゴに応募してみませんか?」とコメントをもらったことをきっかけに、面接を受けドワンゴに入社することになりました。

入社してからはじめて取り組んだ仕事は、当時原宿にあったニコニコ本社のスタジオ窓ガラスに、『ニコニコ生放送』のコメントを投影するというものです。きっかけは、入社直後にまだプレオープン状態だったニコニコ本社(原宿)に連れて行かれ、「なんか面白いことできないかな」と聞かれた際に、その場でとっさに答えた「スタジオに窓ガラスをつくるのなら、そこにコメントを流したら面白いんじゃないっすかね」という思いつきを「じゃあそれ作って」といきなり任されたことです。

プロジェクター買うにしても予算をどの程度使っていいのか、誰の稟議を取ればいいのか等が、入社直後なのでまったくわからず、四苦八苦しながら仕事をしていたことは今では懐かしい思い出です。

リアルとネットを接続するための次世代演出技術の開発

現在は、『ニコニコ超会議』、『ニコニコ超パーティー』等のリアルイベントやAR/VR関連のサービス、そして次世代技術を用いたライブハウス『ニコファーレ』で必要とされる「リアルとネットを接続するための次世代演出技術の開発」を担当しています。これは、“ネットの世界をリアルに現出させる”、“リアルの世界をネットに再現する”、どちらのアプローチも取りつつリアルとネットの境界線を溶かしていくための技術を開発する仕事です。

この技術開発に取り組むにあたり大切にしていることは、IT関連だけではなくAR/VR/演出技術/放送技術その他世の中の「あらゆる技術」を取り込むことに加え、放送現場やイベント制作現場とのコミュニケーションを丁寧に行い、技術偏重ではなく総合的なアウトプットの品質を高めるために何ができるかを常に検討することです。

具体的には、演出技術の開発において、技術を作るだけではなく、それを演出や現場運用でどう使うか、機材構成や設営・調整のスケジュールなどもふまえた設計をいかに叶えるか、といったことを徹底的に検討しています。またエンジニアという職種ではありますが、企画担当から依頼されたことを言われたままやるのではなく、その裏にある意図やゴールが何かを分析した上で、こちらからもできること、できそうなことを積極的に提案することを心がけています。こういったことを通じて「自走式」エンジニアになることを目指しています。

リアルとネットの垣根を越えた体験ができる世界へ

いまの世の中では、イベントに参加する際に、当日現地にて参加することを「リアルでの体験」、ネットでの動画配信等を通じて参加することを「ネットでの体験」とすると、後者の方が「格落ち」扱いに捉えられるシーンがあります。これを「リアルでの体験もネットでの体験もどちらもいいよね」、そして、リアルだから、とか、ネットだから、というような区別を無くして、どちらも「イベントに参加した」と楽しめる世界。そして、ライブ・イベントをネット経由でスケールし、みんなが好きなときに楽しく体験を得られる世界。今の仕事を通じて、そんな世の中にしたいです。

一例として、キャラクターの実在感をもっと感じられ、キャラクターなのか実在の人物なのかといった「些細な」ことはどうでもよくなるような、ライブ感のあるキャラクターライブを実現してみたいと考えています。

ドワンゴの好きなところは、自分がこれをやりたいと手をあげればだいたいのことはやらせてもらえる自由度の高さ、制度など「失敗した」と思ったらすぐに軌道修正される組織としての柔軟性です。また、自分から積極的に動くタイプの人には、自ら仕事を作り出すことができるチャンスがあり非常にやりがいのある職場だと思います。働きやすさの観点では、お題目ではなく真の裁量労働制が実現されており、正午前後に出社してもよいといったように、好きな時間に好きなように働けることが気に入っています。
社員紹介一覧へ戻る