株式会社ドワンゴ

企画

中川 直香

NAKAGAWA NAOKA

企画・ディレクター[2014年中途入社]

ITベンチャーでの営業職を経て、2014年ドワンゴへ中途入社。niconicoスマートフォンアプリの海外対応に携わったのち、現在は『ニコニコ生放送』のスマートフォン向け企画のディレクションを担当。スマホユーザーに対して、『ニコニコ生放送』を気軽に利用してもらえるようにする方法を日々考えている。

営業からWebディレクターへの転身

前職ではITベンチャーで営業をしていました。結果がすぐ数字に表れる営業はものすごく楽しかったのですが、すでにあるモノを売るのではなく、そのモノ自体を作ってみたいと徐々に思うようになったことをきっかけに営業からWebサービスのディレクターへのジョブチェンジを考えるようになりました。超会議と絡めたサービス作りなど、ドワンゴでしかできない仕事が他社よりも多くありそうなことに魅力を感じたことに加え、大好きなアニメや二次創作系のコンテンツに関係する仕事ができることが、ドワンゴに入社を決めた理由です。

入社してからまず、海外のユーザーの方々にもniconicoアプリを使ってもらえるよう改善するプロジェクトに参加しました。そこでは、多言語対応や海外プロモーション案の検討、海外向けの運用等を担当しましたが、これまで営業しかやったことがなかったので、仕事のやり方や内容が全然違って戸惑ったことを鮮明に覚えています。特にエンジニアの話が全く理解できていなかったので、とにかく聞いたり調べたりして内容をなんとか理解し、先輩に教えていただきながら仕事の進め方を覚えていきました。

ユーザーとの距離が近いWebサイトをいかに構築するか

現在は『ニコニコ生放送』のスマートフォン用Webサイト、および配信用スマートフォンアプリのディレクターとして、新しい機能の検討・進捗管理・運用などを担当しています。より多くのユーザーの方々が、『ニコニコ生放送』を気軽に楽しく利用していただくための企画や機能を検討し推進することが私の役割です。アプリのダウンロードは意外とハードルが高いため、そのハードルを低くし「もう一度来たい!」と思ってもらえるようなサイト作りを目指しています。スマホ単体で『ニコニコ生放送』を存分に楽しんでもらうためにはやるべきことが山積しているので、サイト内の数値分析を始めリアルイベントやネットでのユーザーの情報収集などあらゆる手段を使って「ユーザーの方々が一番求めているもの」を着実に世に出していけるよう意識しています。また、リリースしたものがどれくらいユーザーの方々に楽しんでいただいているかを常に可視化することも心がけており、一つのゴールに向かってチーム一丸となってプロダクトを作っていくことにやりがいも感じています。

国産のサービスでこの規模のスマホサイトは多くは無いのですが、サービス担当者として裁量権を与えてくださっている上長にはとても感謝していますね。

エンドユーザーの声を活かしたサービス作り

どうすればユーザーの方により楽しいと思っていただけるサービスを提供できるのか、またそのための最短コースは何であるのかを真剣に考えていくにあたり、エンドユーザーとの距離が近いことは非常に魅力的です。他社では自社サービスの利用者と会う機会なんて稀ですが、ドワンゴには『超会議』『闘会議』など、実際にユーザーの方々から直接意見を聞くことができるリアルな場があります。その場があることはサービス企画者にとって非常に有意義であり、他の企業ではなかなかできないことです。そこで聞く声を既存サービスの企画だけでなく、立ち上げメンバーとして参画している新規サービスのプロジェクトにも活かしたいと思っています。今後も新しいユーザー体験を提供できるサービスを作るために日々奮闘していきたいです。

担当サービス・プロジェクト例

ニコニコ生放送

社員紹介一覧へ戻る