プレスリリース

PRESS RELEASE

「niconico(く)」のこれまでのサービス改善と数値報告
前年割れが続いていた動画投稿数・投稿者数が増加
「ニコニコチャンネル」「ニコニコニュース」なども好調

株式会社ドワンゴ
2019年2月13日
   

 株式会社ドワンゴは、同社が運営する日本最大級の動画サービス「niconico」の「(く)」(読み方:クレッシェンド)のスタートからの改善と、その後の数値結果についてご報告します。これからもniconicoは、ユーザーの皆様のご意見を取り入れながら、再成長に向けて更なる改善を続けていきます。

フルHD画質での動画投稿やHD画質での生放送配信に対応

<ニコニコ動画のサービス改善>

2019年2月13日までの主な改善 

●ニコニコ動画がログイン不要で視聴可能に
●動画再生時、回線環境に応じて最適な動画画質への自動切り替え
●フルHD画質(1080p)動画の投稿・視聴が可能に
●動画画質の向上(再エンコード後ビットレートの向上、解像度を維持する
 再エンコードルールの導入、品質基準エンコードの導入)
●新カテゴリ「ASMR」「MMD」「バーチャル」「鉄道」「TRPG」を追加
●一般会員も動画の途中から再生(シーク再生)が可能に
●HTMLタグを入力しなくても、動画説明文の編集・装飾が可能に
●一般会員でもスマートフォンブラウザから動画投稿ができるように
●不安定な回線状況で動画を投稿したとき、通信が途切れてしまっても途中から
 アップロードを再開できる機能(レジューム投稿)を実装
●プレミアム会員であれば、自動的に動画広告が非表示に。スマートフォンブラウザ・
 niconicoアプリ(iOS・Android版)ではバナー広告も非表示に

今後の対応予定 

●ランキング・カテゴリ見直し
●シリーズ動画機能の実装
●「ニコる」の復活 など

<ニコニコ生放送のサービス改善>

2019年2月13日までの主な改善

●ニコニコ生放送がログイン不要で視聴可能に
●HD画質(720p)での配信・視聴が可能に
●番組内容が一目で分かるように、配信映像を自動的に番組サムネイルとして表示
●配信枠の自動延長機能を実装
●HTML5版プレーヤーを実装
●タイムシフト視聴時の画質を改善
●新ニコニ広告(生放送)がクリエイター奨励プログラムに対応
●新しい機能を実験する「実験放送」を開始し、ギフト機能や追っかけ再生機能などを導入

今後の対応予定

●生放送視聴中の追っかけ再生機能
●Androidアプリでの公式生放送のアンケート参加 など

スマートフォンからの動画投稿の本数が大幅に増加

 サービス改善の結果、これまで前年割れが続いていた動画投稿数・動画投稿者数は前年比約105%となりました(2018年12月時点)。要因として、カテゴリ「バーチャル」「MMD」の新設や、音楽系カテゴリ「歌ってみた」「VOCALOID」「音楽」、ゲーム系カテゴリ「ゲーム」「実況プレイ動画」の人気が挙げられます。また、2018年6月28日からは一般会員でもスマートフォンブラウザから動画投稿ができるようになったことから、スマートフォンブラウザからの動画投稿本数はリリース前と比較して約247%(リリース前後6ヶ月同士で比較)となったほか、2019年1月29日には、ニコニコ動画の総再生数が1000億回を突破しました。
 そのほかのサービスにおいても、「ニコニコチャンネル」は、2018年10月に月額有料会員数が90万人を突破、同時に、「niconico ch」アプリも70万ダウンロードを達成しています。また、ニコニコのニュースサイト「ニコニコニュース」の月間アクティブユーザー数に関しては、2017年の平均と比べて約141%の787万MAU(2018年平均)、2019年1月には過去最高の1034万MAUを達成しました。