プレスリリース

PRESS RELEASE

ニコニコチャンネルの月額有料会員数が90万人を突破
1位のメンタリストDaiGoは月額有料会員数8万人・累計収益2.5億円超え
全チャンネルの累計収益は100億円以上に

株式会社ドワンゴ
2019年2月13日
   

 株式会社ドワンゴ(本社:東京都中央区、代表取締役社長:夏野剛)は、同社が運営する日本最大級の動画サービス「niconico」の「ニコニコチャンネル」にて、月額有料会員数が90万人を突破したことをお知らせします。

月額有料会員数は5年で6.5倍。2018年は新チャンネル群の成功で24万人増、メンタリストDaiGoは1位に躍進


「ニコニコチャンネル」月額有料会員数の推移 (2019年2月集計時点)

 2008年3月にサービスを開始した「ニコニコチャンネル」は、企業・団体・一般ユーザーが動画や生放送、記事コンテンツを配信できるプラットフォームです。専門知識不要でチャンネルを立ち上げる事ができ、有料チャンネルでは収益を得る事が可能です。
 2018年も、音楽やエンタメなど幅広いジャンルの新チャンネル群の好調が寄与し、本サービスの月額有料会員数は1年間で約24万人増加、5年間で約6.5倍に増加し、90万人を突破しました(2019年2月時点)。また、ニコニコチャンネル月額有料会員数1位である『メンタリストDaiGoの「心理分析してみた!」』は、月額有料会員数が8万人(2019年2月時点)を突破したほか、累計収益(※)は総額2億5千万円、単月収益でも3千万円以上になるなど、企業コンサルティングや講演と並び、「ニコニコチャンネル」が同氏の新たな活動の場となっています。

※累計収益…各チャンネルの開設時を起点として、配信者がニコニコチャンネルの
 月額課金を通じ、収益として受け取った金額の累計


月額有料会員数上位50チャンネル / 五十音順


メンタリストDaiGoの「心理分析してみた!」

212チャンネルが累計収益1千万円超え 全チャンネル合計では100億円を突破


全チャンネル累収益受取額の推移 (2019年2月集計時点)

 「ニコニコチャンネル」の月額有料会員数の増加に伴い、チャンネル運営者が受け取ることのできる収益も増加しています。2018年12月時点で、5年前の約20倍となる212チャンネルが累計収益1千万円を達成したほか、「ニコニコチャンネル」の全チャンネル合計では5年前の約30倍となる累計収益100億円を突破しました。
 このように「ニコニコチャンネル」は、幅広いジャンルのチャンネル運営者によって月額有料会員数を着実に伸ばしており、多くのクリエイター達の新たなビジネス展開の場として成長し続けています。

オンライン寄せ書き「yosetti(ヨセッティ)」とのサービス連携開始 双方向性プラットフォームとしての機能も強化

 「ニコニコチャンネル」は、コミュニティ活性化の一助を担う新たなサービスとして、オンライン寄せ書きサイト「yosetti(ヨセッティ)」とのサービス連携を開始しました。本サービスはURLをチャンネル会員に共有するだけで寄せ書きを無料で作成する事ができるWEBサービスで、今回「ニコニコチャンネル」とサービス連携を開始したことで、ユーザーがより積極的にチャンネル内の企画に参加できるようになるなど、配信者とファンの関係性がより深まりやすい仕組みが強化されました。実際に、バーチャルYouTuberの「ときのそら」のデビュー1周年のお祝いには、「ときのそらチャンネル」会員がお祝いの寄せ書きを贈るなど、チャンネル内のコミュニティ活性化に利用されています。

【ニコニコチャンネルについて】

 「ニコニコチャンネル」は、企業・団体が動画や生放送の配信ができるプラットフォームとして2008年にサービスを開始。2012年8月、記事コンテンツ「ブロマガ」の配信機能を追加。2013年12月からは、企業・団体だけでなく一般ユーザーも対象となる「ユーザーチャンネル」を開始し、ユーザーにもニコニコチャンネルの課金システムを提供しています。

■ニコニコチャンネルURL:http://ch.nicovideo.jp/