プレスリリース

PRESS RELEASE

競馬予測AIプロジェクト 第2シーズン 結果発表
第1シーズンを超える成績を達成
AI「Mamba」の平均回収率131.7%、合計収支プラス約730万円

株式会社ドワンゴ
2019年1月16日
   

 株式会社ドワンゴ(本社:東京都中央区、代表取締役社長:荒木隆司)は、同社が運営する日本最大級の動画サービス「niconico」で、2018年10月6日~12月28日まで行われたプロジェクト「競馬予測AI Mamba 2nd Season」の結果をお知らせします。

進化を遂げた競馬予測AI「Mamba」、第2シーズンでさらに高い回収率とプラス収支を達成

 競馬予測AI「Mamba」は、ドワンゴの機械学習技術の開発・研究部門「Dwango Media Village」が独自開発したプログラムです。ドワンゴは、人工知能技術の発展および競馬業界の活性化への取り組みの一環として、2018年3月10日~6月24日の間、「Mamba」を用いてユーザー参加型の競馬予測AIプロジェクト「人工知能募金~あなたの募金を増やします~」※を実施しました。その後継プロジェクトが今回の「競馬予測AI Mamba 2nd Season」です。

 本プロジェクトの第2シーズンでは、さらに進化した競馬予測AI「Mamba」が昨年10月6日~12月28日の間に行われた競馬レースの結果を予測し、買い目を馬券の発売締切り直前に特設サイトおよびニコニコ生放送で公開しました(今回は予測のみで、馬券は未購入)。第2シーズンの「Mamba」は、予測モデルに改良が施されており、確定オッズに近い、馬券の発売締切り直前のオッズで馬券の購入判断が行えるようになったことで、予測精度がさらに向上しました。また、「Mamba」が購入できる馬券種に「3連単」、「3連複」および「馬単」が加わることで、期待値の高い買い目をより多く探し出すことができるようになりました。

 その結果、10月の回収率は131.6%、11月は128.8%、そして最終月の12月は134.2%と、高い回収率を安定的に出し続け、最終的に第1シーズンを上回る平均回収率131.7%、合計収支プラス約730万円を達成することができました。さらに、「Mamba」はWIN5を除いた全馬券種(単勝/複勝/馬連/ワイド/枠連/馬単/三連複/三連単)でプラス収支を出しており、どのレースにどの馬券種が得かを見極める判断力・対応力、そしてそれを的中させる予測精度の高さを実証しました。
 本プロジェクトで得られた有益なデータや知見はビッグデータを活用した未来予測に貢献することが期待されています。ドワンゴは、今後も関連技術を通して、人工知能技術の発展および競馬業界の活性化に向けて取り組んでいきたいと考えています。


第2シーズンの最終成績


各馬券種の収支と回収率

【プロジェクト概要】 

・プロジェクト名:「競馬予測AI Mamba 2nd Season」
・実施期間:2018年10月6日(土)~12月28日(金)
・特設サイト:https://mamba.jinkochinobokin.nicovideo.jp/
・公式Twitterアカウント:https://twitter.com/keiba_ai_mamba

※人工知能募金特設サイト:http://www.jinkochinobokin.nicovideo.jp/