プレスリリース

ニュースリリース

PRESS RELEASE

大阪府吹田市で千秋楽となるニコニコ町会議を開催
今年も西川きよし、坂田利夫など「よしもと芸人」が多数出演
~月ノ美兎とパンツマンのコラボ企画も実施~

株式会社ドワンゴ
2018年10月26日
   

 株式会社ドワンゴ(本社:東京都中央区、代表取締役社長:荒木隆司)は、同社が運営する日本最大級の動画サービス「niconico」の全国出張版イベント「ニコニコ町会議 全国ツアー2018」の13か所目となる「ニコニコ町会議 in大阪府吹田市 大阪文化芸術フェス2018」を10月21日(日)11時30分より、大阪府吹田市で開催しました。

会場来場者数は昨年から増加し2万6,000人を動員、ネット視聴者数16万人に

 イベントの模様は全編にわたりニコニコ生放送で中継し、「踊ってみた」や「ゲーム実況」など、ニコニコの様々なジャンルで活躍するユーザーと地元ユーザーがステージイベントや番組企画を通じて交流しました。吹田市ならではの特産品の紹介や中継などを行い、番組を通じて大阪府吹田市の魅力を全国に発信。会場来場者は2万6,000人、ニコニコ生放送の視聴者数は16万人となりました。


オープニングステージでハリセンを振り上げる
よしもと芸人・西川きよし


パンツマン×バーチャルライバーコラボ企画
「3 人をイメージした料理を決めよう!」の模様


大勢の来場者が集まり盛り上がる
町バーチャルキャストカー
(スズキ スペーシアカスタム)

≪イベントレポート≫

 今年最後のニコニコ町会議は、大阪府吹田市「大阪文化芸術フェス2018」との併催で開催されました。オープニングステージでは、西川きよしをはじめとする多数のよしもと芸人がステージに登壇。それぞれが持ちネタを交えながら挨拶をし、「小さなことからコツコツと」と、いつもの西川節が披露された際には会場も大いに盛り上がりました。その後は地元の特色を最大限に活かし、西川きよしがハリセンでMC3人に喝を入れる演出でスタートしました。

 今回の会場では、ニコニコ動画で活躍するユーザー出演者によるステージパフォーマンスを始め、地元のニコニコユーザー参加型の企画を行ったほか、よしもと発のアイドルユニットよるスペシャルステージや、多数の芸人による中継企画といった大阪ならではの企画も実施。中でも、ステージに登壇した芸人と一般来場者が中継先で起こる出来事を予想し、中継先の芸人が予想回答の中からどれかを実行するオリジナル企画「クイズその後どうなった?」では、よしもと芸人が珍回答を連発し、コメントも「さすが大喜利戦闘力高いwww」「爆笑」などと盛り上がりました。また、町バーチャルキャストカーの特別企画として行われた「3人をイメージした料理を決めよう!」では、ニコニコ動画の料理カテゴリで活躍するパンツマンがバーチャルライバー「月ノ美兎」、「樋口楓」、「える」をイメージした料理を作り、放送を盛り上げました。

 エンディングには坂田利夫も登場し、会場とネット視聴者の盛り上がりは最高潮に。今年最後の開催となった「ニコニコ町会議2018 in大阪府吹田市 大阪文化芸術フェス2018」はステージを全て終えた出演者、そして会場来場者全員による「あーりがーとさーん!!」という大きな掛け声で締めくくられました。7月から始まり全13会場、3か月にわたり全国各地で開催された「ニコニコ町会議 全国ツアー2018」は例年通り大阪会場の終了とともに幕を閉じました。

≪開催概要≫

イベント名:ニコニコ町会議 全国ツアー2018
主催:niconico
スポンサー:スズキ株式会社
特設ページ:http://chokaigitour.jp/