プレスリリース

ニュースリリース

PRESS RELEASE

N予備校、「第15回日本e-Learning大賞」文部科学大臣賞を受賞

カドカワ株式会社
2018年10月17日
   

 カドカワ株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:川上量生)は、子会社の株式会社ドワンゴ(本社:東京都中央区、代表取締役社長:荒木隆司)が開発・運営する学習アプリ「N予備校」が10月17日(水)、第15回「日本e-Learning大賞」において文部科学大臣賞を受賞したことをお知らせします。N予備校は、毎日の生放送による受講者参加型の双方向授業が特徴で、今の時代のスタイルに合わせて授業・教材の全てをスマホに最適化したオールインワンアプリです。これまでのeラーニングの課題であった動画を視聴するだけの一方向性を解決した新規性、独自性が評価され、この度の受賞となりました。

 N予備校は、ドワンゴの運営するニコニコ生放送のシステムをもとに独自に開発した学習アプリで、双方向性システムを取り入れた生放送授業では、コメントによる質問や挙手による回答添削、授業中の一斉アンケートシステムなど、学習の効率と質を向上させる機能が特徴です。実力派予備校講師による大学受験対策コースとドワンゴエンジニアが教えるプログラミングコースが月額1000円(税抜)で一般に公開されています。また、カドカワが設立した学校法人角川ドワンゴ学園 「N高等学校」の生徒が日々の学習に使用するオンライン学習プラットフォームとしても導入されています。
 「日本e-Learning大賞」は、企業・学校・自治体などにおける、eラーニングを活用した優れたコンテンツやサービス、ソリューションを表彰する賞で、毎年eラーニングアワードフォーラムと併催されています。経済産業省、文部科学省、総務省、厚生労働省の4つの大臣賞が付与されるという、教育をテーマにしたものでは他に例のない希少なアワードとして毎年の発表が注目されています。2018年11月14日から16日の3日間で開催される「eラーニングアワード 2018 フォーラム」において、14日に「日本e-Learning大賞」の表彰式が行われます。

<「N予備校」アプリ 概要>

【サービス名】  N予備校(読み方:エヌヨビコウ)
【費用】     月額1,000円(税別)
【提供コース】  大学受験コース、プログラミングコース
【対応端末】   iOS9以上を搭載したiPhone/iPad、Android4.4以上のスマートフォン、
         PCはGoogle Chrome最新版
【アプリ入手方法】iPhone:App Storeにて 「N予備校」で検索し、「入手」をタップ
         Android:Play Storeにて 「N予備校」で検索し、「インストール」をタップ
【PCサイト】   https://www.nnn.ed.nico/ (その他詳細はこちらでご確認いただけます)