プレスリリース

ニュースリリース

PRESS RELEASE

愛媛県松山市でニコニコ町会議を開催
~「愛・野球博」と初の同時開催 ひめぎんホールに約4,500人が集結~

株式会社ドワンゴ
2018年10月3日
   

 株式会社ドワンゴ(本社:東京都中央区、代表取締役社長:荒木隆司)は、同社が運営する日本最大級の動画サービス「niconico」の全国出張版イベント「ニコニコ町会議 全国ツアー2018」を9月29日(土)12時30分より、愛媛県松山市で開催しました。

ネット視聴者数は10万6,000人に 愛媛県イメージアップキャラクター「みきゃん」が始球式に登場

 9月29日(土)に愛媛県松山市にて、今年11ヵ所目となる「ニコニコ町会議 全国ツアー2018」を開催し、その模様をニコニコ生放送で中継しました。イベントでは「踊ってみた」やゲーム実況など、ニコニコの様々なジャンルで活躍するユーザーと地元ユーザーの交流をはじめ、松山東高校の学生による書道パフォーマンスや、松山市を盛り上げる「オヤジダンサーズ」によるダンスの披露など、ニコニコ生放送を通じて愛媛県松山市の魅力を全国に発信しました。会場来場者は4,500人、ニコニコ生放送の視聴者数は10万6,000人となりました。


始球式に登場した愛媛県の
イメージアップキャラクター
「みきゃん」と「ダークみきゃん」


松山東高校 書道部の学生による
書道パフォーマンス


スピーカー搭載の町ミュージックカー
スズキ ハスラーに集まったユーザーたち

■イベントレポート

 今年11ヵ所目となるニコニコ町会議は、愛媛県松山市にある「ひめぎんホール」にて、愛媛県の「愛・野球博」実行委員会が主催する同名イベントと同時開催されました。オープニングセレモニーでは、「愛・野球博」にちなんで愛媛県のイメージアップキャラクター「みきゃん」と「ダークみきゃん」が登場し、開会の儀として、ステージ上で始球式を行いました。また、地元・松山東高校の学生が「一球入魂」の文字をダイナミックに描く書道パフォーマンスを披露したほか、松山市を盛り上げるために地元住民で結成された「オヤジダンサーズ」が『オヤジのうた』、『明日があるさ』の2曲を披露し、会場を沸かせました。

 イベント本編が始まると、会場の入り口に設置された「踊ってみた広場」に、大型スピーカー搭載の町ミュージックカー(スズキ ハスラー)が登場し、「踊ってみた」を中心に活動するユーザー出演者のいりぽん先生や仮面ライアー217が登場。地元のユーザーと一緒に『ワールドワイドフェスティバル』を披露し、ニコニコ生放送を通じて全国に放送されました。またホール内のステージとロビーで開催されている「愛・野球博」を中継で結び、“野球王国”と呼ばれてきた愛媛県の野球の歴史を視聴者と一緒に振り返りました。

 イベント後半には、ユーザー代表と県民代表でどちらのチームが視聴者の胸を熱くしたかをニコ生アンケートで決定する歌合戦「熱闘!歌ってみた甲子園」を開催。愛媛県西条市出身の歌手・秋川雅史の『千の風になって』などを披露した県民代表チームが見事勝利を収めました。さらに、ボールを投げながら自分の愛するものを大声で叫ぶ企画「『愛』の直球ストレート ~あなたの愛を叫ぼう~」のコーナーでは、会場に来場したユーザーが、食べ物や友人、家族への愛のメッセージを会場に向かって叫び、会場を盛り上げました。
 ゲーム実況コーナーでは、湯毛とコジマ店長が登場し、相手をめがけて反重力ボールを打ち込むPlayStation(R)4のゲームソフト『Lethal League』を会場のユーザー達とプレイしたほか、いりぽん先生、仮面ライアー217、あじっこ、カケリネ、エート ≪A.T.E≫がパフォーマンスを披露し、イベントエンディングに向けて会場来場者を最高潮に盛り上げました。エンディングではブラスバンドの曲に合わせて、ユーザー出演者全員がイベントの感想を述べ、次回開催地である山口県周南市の出演者を発表。最後は来場者・ネット視聴者も全員で「ゲームセット!」と叫んだところで幕を閉じました。

■開催概要

イベント名:ニコニコ町会議 in 愛媛県松山市
主催:niconico
スポンサー:スズキ株式会社
特設ページ:http://chokaigitour.jp/