プレスリリース

ニュースリリース

PRESS RELEASE

競馬予測AIプロジェクト 第2シーズン始動
10月6日より、進化した競馬AI「Mamba」がニコ生で競馬予測を実践
~買い目はレース締切り前に公開、ユーザーの買い目も評価~

株式会社ドワンゴ
2018年10月3日
   

 株式会社ドワンゴ(本社:東京都中央区、代表取締役社長:荒木隆司)は、同社が運営する日本最大級の動画サービス「niconico」で、今年3月~6月まで行われた競馬予測AIプロジェクト「人工知能募金~あなたの募金を増やします~」の後継プロジェクトとして「競馬予測AI Mamba 2nd Season」を10月6日(土)より開始することをお知らせします。

競馬予測AI「Mamba」がさらにパワーアップ、今回は買い目を馬券の発売締切り前に公開

 ドワンゴは、人工知能技術の発展および競馬業界の活性化への取り組みの一環として、今年の3月10日~6月24日まで、ユーザー参加型の競馬予測AIプロジェクト「人工知能募金~あなたの募金を増やします~」を実施しました。同プロジェクトでは、競馬予測AI「Mamba」を用いて競馬を予測し、ユーザーから集まった募金額と同額をドワンゴが用意して実際に馬券を購入して、収益を寄付することが目的となっていました。その結果、「Mamba」は本運用期間中に回収率135.13%を達成し、ユーザーの寄付総額を倍増の107万4090円に増やすことができ、その精度の高さを実証しました。


競馬予測 AI「Mamba」特設サイト

 そして今月6日より、その人工知能募金の後継プロジェクトとして「競馬予測AI Mamba 2nd Season」を開始します。本プロジェクトでは、予測精度がさらに向上した競馬予測AI「Mamba」が10月6日~12月23日の間に行われる競馬レースの結果を予測し、買い目を特設サイトで公開します(今回は予測のみとなり、馬券は実際に購入しません)。最新の「Mamba」は、先月非公開で運用した結果、運用開始以来最高値の回収率170.98%(購入額 4,926,700円に対して払戻額 8,423,440円)を記録し、3,496,740円のプラス収支を出しています。
 前回の募金企画では、番組視聴者は「Mamba」の買い目を馬券の発売締切り後にしか見ることができませんでしたが、今回の企画では締切り直前(1~2分前)に「Mamba」の買い目(単勝/複勝/馬連/ワイド/枠連/馬単/三連複/三連単)が公開されるため、「Mamba」の買い目に乗ることが可能となります。

特設サイトでは「Mamba」がユーザーの馬券の買い目を評価


買い目判定入力画面


買い目判定結果画面

 「競馬予測AI Mamba 2nd Season」特設サイトでは、各レースの開始30分前より、購入を検討している買い目を「Mamba」に問い合わせれば、複数段階で評価してもらうことができます。「Mamba」は各買い目について(的中確率×オッズ)の期待値を計算しており、その期待値に応じて7段階評価を行います。さらに、「Mamba」の考える高期待値の馬券を「Mamba」に問い合わせた場合、ユーザーはMamba Synchronized Point (MP)を獲得し、上位ポイント獲得者はMambaポイントランキングに掲載されます。
 プロジェクト詳細は10月4日の公式生放送で発表されます(下記リンク参照)。

【プロジェクト概要】 

■プロジェクト名:「競馬予測AI Mamba 2nd Season」
■実施期間:2018年10月6日(土)~12月23日(日)
■企画発表生放送:
    タイトル:【競馬AI】Mamba 2ndシーズン開始生放送
    放送日時:2018年10月4日(木)19:00~
    放送URL:http://live.nicovideo.jp/watch/lv315910814
■特設サイト:https://mamba.jinkochinobokin.nicovideo.jp/
■公式Twitterアカウント:https://twitter.com/keiba_ai_mamba

【関連リンク】

■人工知能募金特設サイト:http://www.jinkochinobokin.nicovideo.jp/