プレスリリース

ニュースリリース

PRESS RELEASE

熊本県長洲町でニコニコ町会議を開催
~巨大造船所「ジャパンマリンユナイテッド有明事業所」内部からの生中継も実施~

株式会社ドワンゴ
2018年8月28日
   

 株式会社ドワンゴ(本社:東京都中央区、代表取締役社長:荒木隆司)は、同社が運営する日本最大級の動画サービス「niconico」の全国出張版イベント「ニコニコ町会議 全国ツアー2018」を8月25日(土)11時30分より、熊本県長洲町で開催しました。

会場来場者数2万800人、ネット視聴者数万9万8,800人に

8月25日(土)に熊本県長洲町にて、今年7ヵ所目となる「ニコニコ町会議 全国ツアー2018」を開催し、その模様をニコニコ生放送で中継しました。イベントでは踊ってみたやゲーム実況など、ニコニコの様々なジャンルで活躍するユーザーと地元ユーザーとの交流をはじめ、地域ならではの文化や特産品の紹介などを行い、ニコニコ生放送を通じて熊本県長洲町の魅力を全国に発信しました。会場来場者は2万800人、ニコニコ生放送の視聴者数は9万8,800人となりました。


オープニング・スタートの儀で
ふれきんちゃんを捕獲


町会議終了後の集合写真


ニコニコチームとして金魚みこしレースに参戦

■イベントレポート

 今年7ヵ所目となるニコニコ町会議は、熊本県長洲町・のしこら祭2018との併催となりました。

 オープニングステージでは、日本有数の金魚の産地として知られる長洲町のキャラクター・ふれきんちゃんが登壇。町会議恒例のスタートの儀としてふれきんちゃんを巨大なポイで捕獲した際には、金魚にちなんだ「魚おおおおおおお」という赤字コメントが生放送の画面上を埋め尽くし、熊本県長洲町の町会議は地元感があふれる中、大きな歓声とともに開幕しました。

 ニコニコ町会議では、今年もニコニコ動画で活躍するユーザー出演者によるステージパフォーマンスを始め、地元のニコニコユーザー参加型の企画も多数開催。ヘッドマウントディスプレイ HTC Viveを被るだけで誰でも簡単にリアルタイムでのVR配信ができるようになるニコニコの新サービス「バーチャルキャスト」を体験することができる町バーチャルキャストカー(スズキ スペーシアカスタム)に地元のテレビ局が訪れた際には、「テレビだああ」、「メディアだ!」などとコメントも大きな盛り上がりを見せました。

 エンディングステージでは、長洲町の中逸博光町長が登壇。「皆さん本当に今日は暑い中、長洲町でニコニコ町会議を開催するにあたりおいでいただいて感謝申し上げます」と挨拶し、様々な種類の金魚を飼育する施設・金魚の館の紹介などを通じて長洲町の魅力をPRしました。そして、エンディングステージ終了後は町会議ボランティア参加者と運営が町キャラバンカー(スズキ クロスビー)に乗って長洲の町に繰り出し、総積載量30万トン超えの船を作る巨大造船場・ジャパンマリンユナイテッド有明事業所の見学ツアーの模様を生中継。放送では一般には公開していない施設内部の様子も特別に公開し、金魚のみならず造船の町としても知られる長洲町の魅力を全国に発信しました。

 中継の最後には、重さ約300kgもある金魚みこしをかついでタイムを競うのしこら祭2018の金魚みこしレースにニコニコチームとして参戦。優勝は逃しましたが、一体感のある走りで会場を大いに盛り上げました。今年7ヶ所目の「ニコニコ町会議2018 in熊本県長洲町 のしこら祭2018」は、出演者による「それでは皆さんさようならー次の会場で会いましょー」という挨拶で締めくくられ、拍手を意味する「88888888」というコメントが多数流れる中、幕を閉じました。

■開催概要

イベント名:ニコニコ町会議 全国ツアー2018
主催:niconico
スポンサー:スズキ株式会社
特設ページ:http://info.nicovideo.jp/chokaigitour/