プレスリリース

ニュースリリース

PRESS RELEASE

niconico×ダ・ヴィンチ
ユーザー参加型のマンガ賞
「次にくるマンガ大賞2018」受賞作品決定
コミックス部門1位『来世は他人がいい』
Webマンガ部門1位『先輩がうざい後輩の話』

株式会社ドワンゴ
2018年8月23日
   

 株式会社ドワンゴ(本社:東京都中央区、代表取締役社長:荒木隆司)が運営する日本最大級の動画サービス「niconico」と、株式会社トリスタ(本社:東京都中央区、代表取締役社長:橋場一郎)が運営する日本最大級のWebマンガサービス「ニコニコ漫画」、および株式会社KADOKAWA(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:松原眞樹)が発行する本とコミックの情報誌「ダ・ヴィンチ」は、2018年8月23日(木)に開催した「次にくるマンガ大賞2018」の受賞作発表会にて、コミックス部門TOP10作品、Webマンガ部門TOP10作品を発表したことをお知らせします。

「次にくるマンガ大賞2018」受賞作品

 8月23日(木)に開催した「次にくるマンガ大賞2018」では、MCに中倉隆道氏(元NHKアナウンサー)と、SNSを中心に漫画家・イラストレーター「ぺろりん先生」としても活動している鹿目凛(でんぱ組.inc)を迎えて、SHIBUYA TSUTAYA 7F WIRED CAFEから受賞作品を以下の通り発表しました。

■「次にくるマンガ大賞2018」コミックス部門TOP10

<コミックス部門第1位受賞作品 『来世は他人がいい』>

・作者:小西明日翔
・あらすじ:極道の家で生まれ育った女子高生、染井吉乃(そめいよしの)。家庭環境は特殊でも、おとなしく平穏に日々を過ごしてきた。婚約者の深山霧島(みやまきりしま)と出会うまでは――!はみ出し者たちが織りなす、スリルと笑いが融合した極道エンタメ!
(C)小西明日翔/講談社

■「次にくるマンガ大賞2018」Webマンガ部門TOP10

<Webマンガ部門第1位受賞作品 『先輩がうざい後輩の話』>

・作者:しろまんた
・あらすじ:ちょっぴりガサツだけど面倒見のいい先輩・武田(たけだ)と、そんな彼に素直になれない(?)後輩・五十嵐(いがらし)。今日も五十嵐は武田をうざいと思いつつ、本当はまんざらでもなかったり、やっぱりうざいときもあったり!? 
(C)しろまんた/一迅社

【次にくるマンガ大賞とは】

 2014年にダ・ヴィンチとniconicoが、すべてのマンガファンによる推薦と投票を通して“次にブレイクしそうなマンガ”を発掘し紹介することを目的として創設。一般ユーザーからエントリーされた作品の中から、“次にくるマンガ大賞運営委員”でコミックス部門50作品、Webマンガ部門50作品をノミネート作品として選出します。そしてノミネートされた作品を対象に、改めてユーザーの投票を受け付け、両部門の大賞作品やランキングを決定していく「元祖ユーザー参加型」のマンガ大賞です。参加者は年々増加しており、今回ユーザーからエントリーされた作品の総数は両部門合計で3,711作品となりました。

過去の「次にくるマンガ大賞」 エントリー作品数とユーザー投票数

●公式サイト:http://tsugimanga.jp/
●発表会視聴URL:http://live.nicovideo.jp/gate/lv314372465