プレスリリース

ニュースリリース

PRESS RELEASE

<ドワンゴのVR事業展開を発表>
バーチャルキャストでギフティング機能「Vギフト」を開始
誰でもVTuberになれるスマホアプリ「カスタムキャスト」リリース

株式会社ドワンゴ
2018年7月27日
   

 株式会社ドワンゴ(本社:東京都中央区 代表取締役社長:荒木 隆司、以下ドワンゴ)は、7月27日(金)に「ドワンゴのVR事業展開 記者発表会」を開催し、VRライブ・コミュニケーションサービス「バーチャルキャスト」内で使用できるギフティング機能「Vギフト」をはじめとした、今後のVR事業展開について発表しました。8月下旬には、ドワンゴと株式会社S-court(本社:東京都豊島区、代表取締役:川崎 大和、以下エスコート)が共同開発した、誰でも手軽にVTuberになれる無料スマートフォンアプリ「カスタムキャスト」(内部課金あり)をリリースします。

配信者にバーチャルアイテムを贈ることができる「Vギフト」を開始

 ドワンゴとインフィニットループは、両社が共同開発したVRライブ・コミュニケーションサービス「バーチャルキャスト」を8月1日(水)にバージョンアップし、バーチャルキャスト内で配信者にバーチャルアイテムを贈ることができるギフティング機能「Vギフト」を開始します。「Vギフト」を使用して花束や打ち上げ花火などの3Dアイテムを生放送番組に贈ることで、視聴者も番組を直接的に盛り上げたり、配信者を支援することができます。配信者に贈られたギフトは、「クリエイター奨励プログラム」(※)のスコアに加算され、配信者はスコアに応じて奨励金を受け取ることができます。「Vギフト」は同じく8月1日(水)より開始するニコニコ生放送の「実験放送」(PCブラウザ、iOSブラウザ、Android用アプリ※iOSアプリは後日リリース)において使用することができます。なお、ニコニコ生放送の実験放送では、バーチャルキャストを使用した番組以外でも配信者にアイテムを贈ることができる機能「ギフト」を8月上旬に開始予定です。
※niconicoの投稿作品の人気度に応じて、プレミアム会員収入および広告収入の一部を原資として奨励金(クリエイター奨励スコア)を支払う制度。


バーチャルキャスト内へVギフトを贈った様子


「Vギフト」ラインアップ

簡単に誰でも VTuber になれるスマートフォンアプリ「カスタムキャスト」をリリース

 ドワンゴと株式会社S-court(本社:東京都豊島区、代表取締役:川崎 大和、以下エスコート)が 共同開発した、誰でも手軽にVTuberになれる無料スマートフォンアプリ「カスタムキャスト」 (内部課金あり)を8月下旬にリリースします。
 今までVTuberになって番組配信を楽しむためには、パソコンやVR機材、トラッカーなどの購入、 複数人での運営が必要となり、限られた方のみが体験できる世界でした。「カスタムキャスト」を 使用すれば、スマートフォンさえあれば誰でも気軽にVTuberになって番組配信することができます。 キャラクターカスタマイズ機能には、「ヘアスタイル」「フェイス」「ボディ」「コスチューム」 「アクセサリー」など、数多くの設定項目を用意し、使いやすく直感的なインターフェースで、 手軽に、そして簡単に自分好みの可愛い美少女VTuberを作ることが可能です。また、機能のひとつである 「フェイストラッキング」は、配信者の表情を読み取り、簡単に表情を付けることができます。
その他にもAR機能を使うことで、背景を現実世界にして配信したり、niconicoの立体投稿共有サービス 「ニコニ立体」経由でVRM形式(※)の出力にも対応予定です(料金は未定)。
(※)「VRM」はドワンゴが開発したプラットフォーム共通のファイル形式で、対応アプリケーション 全てにおいて同じアバター(3Dモデル)データを使うことができます。 これにより、生放送、動画、 ゲーム、チャットなど、それぞれで存在するVR世界が繋がり、プラットフォームを超えた自由な コラボレーション実現の一助となることを目指しています。


■カスタムキャスト 公式サイト http://customcast.jp/

8月1日から「バーチャルな夏休み特集」がスタート

8月1日からVR体験イベントやVTuberによる生放送番組が楽しめる「バーチャルな夏休み特集」がスタートします。人気VTuber「電脳少女シロ」や「ときのそら」を迎えたトーク番組や、ユーザーが参加できるVRの体験放送など、VR関連の企画を多数用意しています。


<バーチャルな夏休み>
期間:2018年8月1日~9月30日
特設サイト:http://site.nicovideo.jp/virtual_natsuyasumi