プレスリリース

ニュースリリース

PRESS RELEASE

5G時代を見据えた日中共創による「バーチャルアイドル」プロジェクト
『直感xアルゴリズム♪』にドワンゴが参画決定
「バーチャルキャスト」や「ニコニコ生放送」で配信・技術協力

株式会社ドワンゴ
2018年6月28日
   

 株式会社ドワンゴ(本社:東京都中央区 代表取締役社長:荒木 隆司、以下ドワンゴ)は、株式会社NTTドコモ(以下ドコモ)と中国の移動通信事業者China Mobile Communications Group Co.,Ltd.(以下チャイナモバイル)グループ会社アニメ関連ビジネスを展開するミグ動漫有限公司(以下、ミグ動漫)が手がける『生放送アニメ(※)直感xアルゴリズム♪(※中国タイトルについてはPDFをご参照下さい。)』の第2弾として展開する新エンタメプロジェクトにおいて、インタラクティブ協力および放送番組への演出・技術面での協力を行うことをお知らせします。
 さらに、本プロジェクト始動前の今夏には、アニメ本編以外で行うキャラクター配信において、株式会社インフィニットループ(本社:北海道札幌市、代表取締役:松井 健太郎、以下インフィニットループ)と共同開発したVRライブ・コミュニケーションサービス「バーチャルキャスト」を使用した配信技術協力も行う予定です。


メインビジュアルイメージ


「バーチャルキャスト」を使用しインタラクティブな放送を実現

 2017年に登場したNTTドコモとチャイナモバイルグループのミグ動漫が手がけたバーチャルアイドルをテーマとした生放送アニメ『直感xアルゴリズム♪』は、日中同時生配信というこれまでに無いプロジェクトとして成功を収め、2018年秋に第2弾プロジェクトを開始します。5G時代を見据えて、日中両国のユーザー間との交流をより一層深め、さらに進化したインタラクティブ体験を提供する予定です。

 ドワンゴでは、今秋スタート予定のアニメ『生放送アニメ 直感xアルゴリズム♪』2ndシーズンにおいて、日中で放送される同番組のインタラクティブ性を実現する技術協力を行います。番組中に打たれたコメントの量に応じてストーリーが展開したり、インタラクションが発生する演出のほか、コメントを打つと実際の番組の中にコメントが表す物体等のCGが登場し動き回るなど、視聴者が番組の本編や演出に干渉・参加できるような技術・配信面での協力となる予定です。このほかにも、VRライブ・コミュニケーションサービス「バーチャルキャスト」を使ったプロモーションイベントの実施なども検討しております。これにより日本・中国・バーチャル空間をまたにかけ、登場キャラクターとファン同士が一緒に物語をつくる「新エンタメ体験」の創出を目指します。
 本プロジェクトは生放送アニメのプロデュースで実績のある株式会社ジャスト プロ、また、最新鋭の3Dホログラム技術などを用いた映像制作から施設運営までを手がける株式会社DMM.futureworksはモーションキャプチャーや3DCG制作を担当。そして同社アニメ制作チーム「ダブトゥーンスタジオ」がアニメーション制作にて協力致します。ドコモ及びチャイナモバイルの今回の取り組みをより多くのお客様にも楽しんで頂けるようドワンゴの技術で支援して参ります。

※演者(声優)の動きをモーションキャプチャーとリアルタイムCG技術などを活用してCGアニメーションにして、生放送(ライブ配信)を行うコンテンツ。リアルタイムに視聴者と登場人物がインタラクティブなやりとりをすることで物語が変化するといった演出が可能。

【作品概要】
作品名:「生放送アニメ 直感xアルゴリズム♪
     (中国タイトル:直播动漫 麟犀AI韵律)」(2ndシーズン)
番組公式HP:【日本語サイト】http://project-algorhythm.com/
      【中国語サイト】http://project-algorhythm.com/chinese/

企画:中国移動・NTTドコモ・ミグ文化  
総合プロデュース:ジャスト プロ
技術協力:DMM.futureworks ( http://dmm-futureworks.com/
     アニメーション制作:ダブトゥーンスタジオ ( https://w-toonstudio.com/
     インタラクティブ・配信協力:株式会社ドワンゴ( http://dwango.co.jp/
配信:2018年秋(予定) 日本・中国

【VRライブ・コミュニケーションサービス「バーチャルキャスト」 とは】
 バーチャルキャラクターになったユーザーがVR空間のスタジオでリアルタイムにコミュニケーションできるVRライブ・コミュニケーションサービスです。ニコニコ生放送などの生配信サービスを介してスタジオを公開したり、公開中のスタジオに“乱入”することも可能で、自由に好きなキャラクターになりきりコミュニケーションを楽しむことができます。