プレスリリース

ニュースリリース

PRESS RELEASE

【衆院選2017】ニコニコ開票速報「当確予測答え合わせ大会」

465議席の当確予測の的中率 人間は93.76%
日本初の「当確予測AI(人工知能)」は89.03%

株式会社ドワンゴ
2017年10月23日
   

 株式会社ドワンゴ(本社:東京都中央区、代表取締役社長:荒木隆司)は、同社が運営する日本最大級の動画サービス「niconico」の「ニコニコ生放送」で10月22日(日)、衆議院総選挙の開票特番の1つとしてニコニコ開票速報「当確予測答え合わせ大会」を放送し、20時の投票締め切りと同時に、衆議院全465議席(小選挙区289議席、比例区176議席)について人間の予測とAIの予測を一斉に発表しました。

465議席のうち人間は436議席、AIは414議席的中

 人間予測は、ニコニコでの総選挙ウェブアンケート調査(公示1週間前、公示1週間後、投票日の3回実施)をもとに、ドワンゴのシステムエンジニアらが様々なITと知恵を駆使して構築したコンピュータシステム(愛称「ゲンちゃん」)が解析したもので、AI予測はドワンゴが日本で初めて開発した選挙情勢解析専門の「当確予測AI」(愛称「アイちゃん」)が予測したものです。答え合わせ大会では、テレビで当確が出るたびに、当確予測の答え合わせをして、どちらが当たったかを公開検証しました。

 その結果、小選挙区289議席については人間予測は269議席的中(的中率93.08%)、AI予測は247議席的中(的中率85.47%)となり、人間の方がやや高い精度となりました。一方、比例区176議席については、人間予測は167議席的中(的中率94.89%)、AI予測は167議席的中(的中率94.89%)となり、全く互角の勝負でした。全体では人間予測の的中率が93.76%、AI予測の的中率は89.03%でした。

 ドワンゴはゲンちゃん、アイちゃんとも、今回の総選挙当確予測を基にさらに研究を進め、予測の精度を高めて、2019年の参議院選挙で人間vs AIの「当確予測答え合わせ大会」を再び行う予定です。

■総選挙ウェブアンケート調査

第1回:10月1日(日)12時~10月4日(水)12時
参加者数349,979人
第2回:10月13日(金)12時~10月16日(月)12時
参加者数355,665人
第3回:10月22日(日)9時~10月22日(日)17時
参加者数133,270人