プレスリリース

ニュースリリース

PRESS RELEASE

ドワンゴ開発のMRシステム「DAHLES」が
経済産業省主催の「Innovative Technologies+」に採択

~10月27-29日に開催される「デジタルコンテンツEXPO 2017」にてデモ展示~

株式会社ドワンゴ
2017年9月14日
   

 株式会社ドワンゴ(本社:東京都中央区、代表取締役社:荒木隆司)は、同社が開発しているマイクロソフト社のMR(複合現実)ヘッドマウントディスプレイ「Microsoft HoloLens」(マイクロソフト ホロレンズ、以下 HoloLens)を利用した同期コンテンツ配信システム「DAHLES」(ダレス:Dwango Advanced HoloLive Education System)が、経済産業省主催の「Innovative Technologies+」に採択されたことをお知らせします。

 これを受け、ドワンゴは10月27-29日に日本科学未来館にて開催される「デジタルコンテンツEXPO 2017」に出展し、本技術のデモンストレーションを行います。

ドワンゴ開発の「DAHLES」のMRライブシステム、デジタルコンテンツEXPOにてデモ展示

 「Innovative Technologies+」 は、イノベーションによってコンテンツ産業の発展に大きく貢献することが期待されるコンテンツの生産、流通、消費に関わる「コンテンツ技術」、および「ビジネスモデル」を公募の中から20件程度採択し、表彰する事業です。
また、新技術の実用化を促進するためのマッチング創出の役割も担っています。

 この度、「Innovative Technologies+」に採択された「DAHLES」は、HoloLensなどの複数デバイスを同期し、HoloLensが標準で提供するシェアリング機能では安定的に運用できなかった、大空間・多人数での空間共有を可能にするMRシステムです。同じ空間にいる大勢の参加者に、投影されたキャラクター・人物・オブジェクトがあたかもその場にあるかのような視聴体験を提供する技術は応用の幅が広く、教育分野での遠隔対面コミュニケーションや、エンターテインメント分野での視覚効果などにおける活用が期待されています。今年4月に行われた学校法人角川ドワンゴ学園N高等学校のネット入学式では、本システムを用い、東京・六本木にいるHoloLensを装着した入学生の目の前に遠隔地にいる校長や来賓をCGで出現させ、式辞を実施しました。

 今回、デジタルコンテンツEXPO会場内で行うデモンストレーションでは、「DAHLES」に実装されているMRライブシステムで、ドワンゴ(ニコニコ超会議実行委員会)が主催するイベント「ニコニコ超会議2017」で上演された、超歌舞伎『花街詞合鏡 Supported by NTT』の演目の一部を再現し、現地のライブ会場にいる観客と会場でHoloLensを装着している観客、そしてライブ生放送視聴者それぞれに、どのようにMRライブ体験を提供するのかを実演・解説します。ブースでは訪れた来場者がHoloLensを装着することによって、超歌舞伎で上演された花魁姿の初音ミクが、目の前で日本舞踊を踊る姿を見ることができます。
また、ブース内に設置されたモニターでは、「DAHLES」システムやAR技術、照明が連動し、HoloLens無しでも会場内で舞うミクを見ることができます。

【デジタルコンテンツEXPO 2017 開催概要】

●日時:2017年10月27(金)-29日(日)
●会場:日本科学未来館 東京都江東区青海 2-3-6
●主催:一般財団法人デジタルコンテンツ協会
●共催:日本科学未来館
●公式ページ:https://www.dcexpo.jp/