プレスリリース

ニュースリリース

PRESS RELEASE

「ニコニコ町会議 全国ツアー2017」開催地全7ヵ所決定
青森、福岡、広島、新潟、北海道、愛知、大阪

~今年の町会議は今までより”もっと近い”交流を~

株式会社ドワンゴ
2017年7月14日
   

 株式会社ドワンゴ(本社:東京都中央区、代表取締役社長:荒木隆司)は、同社が運営する日本最大級の動画サービス「niconico」の「ニコニコ生放送」にて、全国出張版イベント「ニコニコ町会議 全国ツアー2017」が青森県、福岡県、広島県、新潟県、北海道、愛知県、大阪府の全7カ所で開催することを発表しました。また、企画・出演者などの情報もあわせて発表しました。

niconicoと各地のお祭りが連携し文化交流

 ニコニコ町会議は、ニコニコの超巨大イベント「ニコニコ超会議」の「町」版として、2012年より毎年夏から秋にかけて全国各地で開催しています。今年は”もっと近い”をテーマに、会場来場者、ネット視聴者、出演者、各町の地元の方との交流をより強化した内容にリニューアルします。

 昨年開催した「ニコニコ町会議 全国ツアー2016」では、全国9カ所を巡り、会場来場者数26万5,000人、ネット来場者数224万人を記録。ニコニコの様々なジャンルで活躍するユーザーと地元ユーザーとの交流をはじめ、地方ならではの文化や特産品の紹介など、ニコニコ生放送を通じてイベントの模様を全国に発信しました。

 6年目の開催となる「ニコニコ町会議 全国ツアー2017」では、今年もニコニコユーザーから開催希望地を募集し、応募のあった市町村の中から全7カ所が選ばれ、各地のお祭りとの併催が決定しました。各会場で「ゲーム実況」や「踊ってみた」などニコニコで人気のあるコンテンツを展開するほか、各地の魅力や名物を全国に向けて紹介する地元ステージイベントや町中継など、ご当地ならではの企画も行います。 また、各地恒例のお祭りとの連携を通じて、niconicoと地域とのコミュニケーションや、インターネットを活用した地域活性化を図ります。


「ニコニコ町会議 全国ツアー2017」 キービジュアル

≪開催概要≫

イベント名:ニコニコ町会議 全国ツアー2017
主催:niconico/メインスポンサー:スズキ株式会社/後援:観光庁
特設ページ:http://info.nicovideo.jp/chokaigitour/

≪開催スケジュール≫※各地の夏祭りと併催します。

8月12日(土) :青森県 三戸郡南部町 「南部まつり」
8月20日(日) :福岡県 久留米市 「久留米~サブカル祭り~」
8月27日(日) :広島県 安芸郡熊野町 「筆の里工房夏祭り」
9月2日(土) :新潟県 新潟市西蒲区 「わらアートまつり」
9月17日(日) :北海道 旭川市 「北の恵み 食べマルシェ」
9月24日(日) :愛知県 名古屋市 「久屋大通秋祭り」
開催日程・お祭り未定:大阪府

※ニコニコ町会議2017の実施企画の詳細は、次頁となります。

「ニコニコ町会議全国ツアー2017」実施企画一覧 ※開催地により、実施する企画や内容が異なる場合があります。

≪町ふれあいエリア≫


町シンボルカー


町神社カー


町カラオケカー




町ゲームカー


町ナゾトキカー

●町シンボルカー (※ニコニコカー)
「町シンボルカー」は本イベントのシンボルとなるモニュメントです。
会場では誰でも乗車することができ、運転席で記念撮影も可能です。
本エリアには、niconicoのキャラクター・テレビちゃんも登場予定。

●遊んで!充電コーナー
来場者は“アナログゲーム”で遊びながら、自分のスマートフォンを充電できるコーナー。

●町ユーザー交流コーナー
来場者同士の交流用スペースです。
出演者の方々が代わる代わる登場し、ふれあうことができます。

≪町ニコニコ神社≫

●町神社カー (※ニコニコカー)
来場者が、ネット視聴者に悩みや願い事を相談し、コメントでアドバイスをもらえるブース。
今年の神社では、参拝者の持ち物で「わらしべ長者」を実施します。

≪町音楽エリア≫

ボーカロイド、アニソン、J-popなど、好きな音楽を歌って踊って楽しむエリアです。

●踊ってみた練習広場
ニコニコ動画に投稿されているダンス動画「踊ってみた」で活躍する踊り手と一緒に、ボーカロイドの課題曲『バタフライ・グラフィティ』の踊りを練習します。
イベント当日には各地で練習した来場者たちの踊りを撮影し、11月3日にさいたまスーパーアリーナにて開催する大型ステージイベント「ニコニコ超パーティー2017」の”踊ってみた演目”としてお届けします。

●町カラオケカー (※ニコニコカー)
ゴージャスな車内で誰でも本格的にカラオケを行えるブース。
ネット視聴者が選んだお題に、来場者が応えて歌うコーナーも実施します。

≪町ゲームエリア≫

●町ゲーム実況
ニコニコ動画に投稿されている、ゲームを実況しながらプレイする動画「ゲーム実況」で活躍するゲーム実況者による、ゲーム実況生放送を行います。

●町ゲームカー (※ニコニコカー)
来場者は、車内で難易度の高いブラウザゲーム『QWOP』をプレイできるブース。
ゲーム実況者おすすめのゲームの体験や、交流もできます。

●町ゲームバトル
リアルタイムオンライン対戦スマホゲーム『#コンパス〜戦闘摂理解析システム〜』の有名プレイヤーとバトルすることができます。

●町ナゾトキカー (※ニコニコカー)
来場者同士が協力して、ニコニコ町会議会場内に隠された”ナゾ”に挑む企画。

≪町ライブステージ≫

ニコニコ町会議来場者と出演者、ネット視聴者が一緒に遊べるステージです。
来場者の方々によるステージでのカラオケ「のど自慢ステージ」や、大人数で会場ごとに違う遊びで盛り上がる「大人数遊び」、出演者による歌のショー「歌ってみた」、踊りのショー「踊ってみた」は今年も開催します。

●ボカニコ
ボーカロイド楽曲を使用したDJプレイと一緒に、会場ごとの新演出で盛り上がるステージ。


チーム対抗!水鉄砲ガチバトル
イメージ画像

●チーム対抗!水鉄砲ガチバトル
出演者と来場者がチームを組み、ネット視聴者が選んだ水鉄砲でバトル。
自分のチームの的を守りながら、相手チームの的を濡らすゲームです。

●え、これって一般常識だと思ってたけど、実はご当地ネタだったのクイズ~(仮)
ご当地の常識が全国のネット視聴者にどれだけ知られているのか、ご当地ネタを題材とした早押しクイズバトル。

●町ゲームステージ
ゲーム実況者による”爆弾処理ゲーム”。来場者とネット視聴者だけが、解除に役立つ“爆弾解除のマニュアル”を読むことができます。

(※ニコニコカー)・・・これまでのニコニコ町会議で全国各地を巡ってきた「ニコニコカー」。今年もスズキ株式会社より「スズキ ワゴンR スティングレー」「スズキ ハスラー」「スズキエブリイ」をご提供いただき、5台の新型ニコニコカーがニコニコ町会議を盛り上げます。

◆参考資料◆

「ニコニコ町会議 全国ツアー2016」開催実績(2016年7月~11月開催)

■総来場者数(※全9カ所の合計)

●会場来場者数(各地イベントの来場者とニコニコ町会議来場者の合計):26万5,000人
●ネット来場者数(会場からの公式生放送および出演者によるユーザー生放送の合計):224万人

■会場ごとの来場者数

●2016年7月17日(日)滋賀県 彦根市 「彦根ゆかたまつり」
会場来場者数:2万人(前年は1万5,000人) ネット視聴者数:30万1,000人

●2016年7月31日(日)大分県 大分市 稙田地区 「ななせの火群まつり」
会場来場者数:5万人(前年は4万5,000人) ネット視聴者数:27万6,000人

●2016年8月7日(日)徳島県 美馬市 「平成28年度 第29回穴吹川筏下り大会」
会場来場者数:6,000人(前年は3,000人) ネット視聴者数:16万9,000人

●2016年8月14日(土)宮城県 大崎市 「鹿島台わらじまつり」
会場来場者数:2万2,000人(前年は1万2,000人) ネット視聴者数:21万2,000人

●2016年8月27日(土) 岡山県 吉備中央町 「吉備高原鬼伝祭」
会場来場者数:3万5,000人(前年は2万人) ネット視聴者数:17万2,000人

●2016年9月18日(日)富山県 南砺市 「城端むぎや祭」
会場来場者数:5万4,000人(前年は6万5,000人) ネット視聴者数:17万7,000人

●2016年10月1日(土)北海道 函館市 「函館いか祭り」
会場来場者数:1万2,000人(前年は5,000人) ネット視聴者数:29万人

●2016年10月9日(日) 愛知県 名古屋市栄 「久屋大通秋まつり」
会場来場者数:3万6,000人(前年は3万2,000人) ネット視聴者数:32万人

●2016年11月13日(日)大阪府 大阪市 「ニコニコ町会議 in 水都大阪2016」
会場来場者数:3万人(前年は2万人) ネット視聴者数:32万7,000人

■会場ごとの来場者数


宮城県大崎市


岡山県吉備中央町


大阪府大阪市