プレスリリース

ニュースリリース

PRESS RELEASE

リアルタイム対戦ゲーム『#コンパス〜戦闘摂理解析システム〜』

ニコニコ静画でヒーローデザインコンテストを実施

~最優秀作品はボイス&テーマ曲つきでゲームに実装~

株式会社ドワンゴ
2017年7月14日
   

 株式会社ドワンゴ(本社:東京都中央区、代表取締役社長:荒木 隆司、以下ドワンゴ)とNHN PlayArt株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:加藤雅樹、以下NHN PlayArt)は、日本最大級の動画サービス「niconico」の「ニコニコ静画」にて、7月14日(金)から9月3日(日)まで、両社の共同ゲームプロジェクトによるリアルタイムオンライン対戦ゲーム『#コンパス〜戦闘摂理解析システム〜』のヒーローデザインコンテストを実施します。

結果は9月下旬にニコニコ生放送にて発表

 『#コンパス(※)〜戦闘摂理解析システム〜』は、「1バトル3分間」で仲間とチームを組み、他プレイヤーのチームと3x3のバトルで、ステージに配置された拠点を奪い合うリアルタイム対戦ゲームです。また、スキルカードを集めて、組み合わせによる多彩な戦略で最強のデッキを作り、対戦に備えることができます。アクションゲーム、戦略ゲーム、カードゲームの要素を、1バトル3分に凝縮して詰め込んだ、まったく新しいジャンルの対戦ゲームです。

 本コンテストでは、ニコニコ静画内のイベントページにて『#コンパス』に登場させたいヒーローのデザインを募集します。結果は、2017年9月下旬にニコニコ生放送にて発表します。最優秀作品に選ばれたヒーローは、ボイスとテーマ曲を付けてゲーム内に実装します。

(※) #コンパス
「COMbat Providence Analysis System(戦闘摂理解析システム)」の略称で、バトルを通じてプレイヤーたちがコミュニケーションをとり合う、架空のSNSの世界を舞台にしたゲームです。現実のSNSに近い機能を持っており、バトルだけでなく、プレイヤー同士がゲームの攻略法を語り合ったり、大会イベントについて情報交換する場を提供します。

■ヒーローデザインコンテスト概要

実施期間
:7月14日(金)13時00分 ~ 9月3日(日)23時59分
テーマ
:#コンパスに登場させたいヒーローのデザイン
投稿形式
:サイズ 横2000pixel×縦1000pixel
形式  JPEG,GIF,PNG(最大10MBまで)
※前面/背面の全身を描いてください。
コンテストタグ
:#コンパスヒーローデザインコンテスト
ニコニコ静画イベントページURL
http://info.nicovideo.jp/seiga/compass/
注意事項
:上記のコンテストタグがロックされた時点で応募されたと判断されます。
一人あたり何点ご応募いただいても構いません。
キャラクター名やロール等の設定があれば画像説明文内に記載してください。
※特に指定がない場合、記載がなくても構いません。
デザイナーにより描き下ろしの上、ゲームに実装されます。
その際、デザインや設定を一部変更させていただく場合があります。
賞品:
【最優秀賞:1名】
受賞作品をゲーム内に実装、#コンパス オリジナルトロフィー、実装キャラクターの声優とボカロPのサイン色紙、#コンパスグッズ詰め合わせ
【優秀賞:1名】
#コンパスグッズ詰め合わせ
【佳作:6名】
#コンパス アクリルキーホルダー6体分 ※キャラクターはご指定頂けませんのでご了承下さい。
結果発表
:2017年9月下旬のニコニコ生放送にて発表。※都合により、日程が変更される場合があります。

【ゲーム概要】

タイトル:#コンパス〜戦闘摂理解析システム〜
ジャンル:リアルタイムオンライン対戦ゲーム
対応端末:iOS 8以降(iPhone, iPodTouch, iPad), Android 4.4以上
対応言語:日本語
サービス地域:日本
サービス開始日:2016年12月17日(土)
価格:基本無料(アイテム課金)
開発・企画・運営:株式会社ドワンゴ、NHN PlayArt株式会社
公式サイトURL:http://app.nhn-playart.com/compass/
App Store:https://itunes.apple.com/jp/app/konpasu-zhan-dou-she-li-jie/id1164400646
Google Play:https://play.google.com/store/apps/details?id=com.nhnpa.cps

<共同ゲームプロジェクトについて>

ドワンゴとNHN PlayArtが両社の強みを生かしながら開発・企画・運営を共同で行うゲームプロジェクト。ドワンゴが同社の動画サービス「niconico」で活動するクリエイターによるIP制作やニコニコスマホSDK(ドワンゴが提供するパソコンや特別な機材なしで誰でも簡単にニコ生でゲーム実況が行えるスマホアプリ用ソフトウェア開発キット)を搭載し、NHN PlayArtがゲームシステムの開発・運用を手がけるなど、ゲームの企画開発からデザイン、音楽制作、ゲーム実況にいたるまでを行います。