プレスリリース

ニュースリリース

PRESS RELEASE

N高等学校、5月31日にNTTと協働で
ロボットとAIについての特別授業を実施

~ゲスト講師には小型ヒューマノイドロボットが登場~

カドカワ株式会社
2017年5月26日
   

 カドカワ株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:川上量生)が開校した学校法人角川ドワンゴ学園 「N高等学校」(以下、N高)は、5月31日(水)、通学コース・大阪 心斎橋キャンパスにて、日本電信電話株式会社(以下、NTT)サービスエボリューション研究所の細淵貴司氏と小型ヒューマノイドロボット「Sota™」をゲスト講師に迎えて、「ロボットを動かそう」と題する特別授業を実施します。

 N高では、実社会の学びを教室に取り入れ、「創造力」、「思考力」、「教養」、「実践力」を養うための参加型の特別授業「スペシャルN」を通学コースにて行っています。今回は、最先端のロボティクスに取り組んでいるNTTサービスエボリューション研究所の協力のもと、N高生がロボットやAIについて理解を深め、ワクワクする未来や将来の夢を考えるきっかけになる授業を実施します。本授業では、NTTの開発したロボットやデバイスを連携制御できる技術「R-env:連舞®」を活用して、ロボットによるスピーチやロボット制御の実演も行います。

 なお、本授業は大阪 心斎橋キャンパスで開催され、東京 代々木キャンパスでもライブ中継によりN高通学コース生が受講します。

<スペシャルN「特別授業 ロボットを動かそう」概要>

●日 時
:2017年5月31日(水)13:50~15:40
●会 場
:通学コース・大阪 心斎橋キャンパス ※ライブ中継会場:東京 代々木キャンパス
●講 師
:日本電信電話株式会社 サービスエボリューション研究所 細淵貴司氏
小型ヒューマノイドロボット「Sota™」(ヴイストン社製)


ヴイストン社製ロボット「Sota™」


NTT「R-env:連舞®」のロゴ

●授業内容:
・ロボットについて
・AIについて
・NTTの取り組み
・ロボットとAIの未来

*R-env:連舞®とは…NTTサービスエボリューション研究所が研究開発したクラウド対応型インタラクション制御技術。ロボットなど、人を取り巻く各種デバイスを相互に連携し、ブラウザ1つで簡単に実行が可能。人の状態を的確に把握し、音声による対話等で個人に合わせてサポートする。ヴイストン株式会社の小型ヒューマノイドロボット「Sota™」を始め、様々なロボットやスマートデバイスを柔軟に組み合わせ、人の可能性を広げる技術。

◆学校法人角川ドワンゴ学園 N高等学校について◆
2016年4月に開校したネットの高校。今のネット社会に対応した新しい高校として、授業やレポート提出はネットで行い、時間を問わず自身のペースで授業を受け、質問をすることができます。また、プログラミングやライトノベル、ファッション、ゲーム、美容など多種多様なネットでの課外授業や、全国各地での職業体験により、社会で役立つスキルや経験を早期に身につけることができます。<N高公式サイト:https://nnn.ed.jp/