プレスリリース

ニュースリリース

PRESS RELEASE

開校初年度に生徒数2000名を突破した
“ネットの高校”「N高」の秘密を描いた書籍が発売

N高関連書籍『ネットの高校、はじめました。新設校「N高」の教育革命』

カドカワ株式会社
2017年4月14日
   

 カドカワ株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:川上量生)は、子会社の株式会社KADOKAWA(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:松原眞樹)から、学校法人角川ドワンゴ学園 「N高等学校」(以下、N高)を題材としたノンフィクション単行本 『ネットの高校、はじめました。新設校「N高」の教育革命』 が2017年4月14日(金)に発売されることをお知らせします。

 本書は、新設の通信制高校では異例とも言える、2016年4月の開校初年度から約2200名を超える生徒が入学したN高について、N高生やその保護者へのインタビュー、カドカワ代表取締役社長 川上量生の設立の思いなどを交えて紹介しています。

川上量生(カドカワ株式会社代表取締役社長/学校法人角川ドワンゴ学園理事)メッセージ

 昨年、KADOKAWA・ドワンゴグループが協同で開設した“ネットの高校”N高等学校は、今年の4月に初年度の2倍近い2002名の新入生を迎え、無事に2年目をスタートすることができました。新設の通信制高校としては異例のスピードだということです。

 全日制普通高校に行けない生徒の受け皿としての通信制高校ではなく、全日制高校と比較した上で生徒に選択される未来の“ネットの高校”を作るんだという僕らの決意。そういった理念が、世の中の多くのみなさまに評価いただき、見えない多くの支援の力をいただいたおかげだと、深く感謝する次第です。

 このたび、僕らのN高の開校までの苦労と、その後の悪戦苦闘の最初の1年間を取材していただいた本が発売されることになりました。教育という人間の一生を左右する分野において、新しいチャレンジが世の中に認められるには非常に時間がかかることでしょう。僕らが挑戦しているN高という小さな革命のさざ波が教育の世界に広がり、少しでも大きな波をつくる一助に、この本がなれればと願っています。

『ネットの高校、はじめました。 新設校「N高」の教育革命』概要

カドカワがつくった“ネットの高校” N高で行われている授業は、ニコニコ動画のようにコメントが流れる双方向のネット授業、ゲームの世界を探検するネット遠足、1年でハイレベルな技術を身につけられるプログラミング教育など、普通の高校からは想像もつかないような内容が盛りだくさん。そんな少し変わったN高は、正式な高校卒業の資格が取得できる歴とした「高校」です。N高はどんな思いで作られたのか、どんな学校生活が待っているのか、どんな教育の未来を考えているのか――N高の秘密をすべて紹介しています。

<目 次>
第1章:N高ってなんだ?/第2章:N高のリアル/第3章:N高のはじまり/第4章:N高の考えかた/第5章:N高の未来

<著 者> 崎谷 実穂(さきや・みほ)
フリーランスライター。北海道生まれ。お茶の水女子大学卒。人材系企業の制作部で求人広告や企業パンフレットのコピーライティングを経験した後、広告制作会社に転職。新聞の記事広告の仕事を専属で担当し、100名以上の著名人・タレントなどに取材。独立後はビジネス系の記事、書籍のライティング・編集を中心に活動。著書に『Twitter カンバセーション・マーケティング ビジネスを成功に導く“会話”の正体』(日本経済新聞出版社)、共著に『混ぜる教育 80ヵ国の学生が学ぶ立命館アジア太平洋大学APUの秘密』(日経BP社)、構成協力に『ニコニコ哲学 川上量生の胸のうち』(日経BP社)がある。

<書誌情報>
●書名:『ネットの高校、はじめました。 新設校「N高」の教育革命』
●著者名:崎谷 実穂
●判型:四六並製単行本
●カバー題字:鈴木敏夫(学校法人角川ドワンゴ学園理事)
●発売日:2017年4月14日(金)
●定価:本体1,400円(税別)
●ISBN:978-4-04-105476-5
●発売:株式会社KADOKAWA ※電子書籍同時発売

◆学校法人角川ドワンゴ学園 N高等学校について◆
2016年4月に開校したネットの高校。今のネット社会に対応した新しい高校として、授業やレポート提出はネットで行い、時間を問わず自身のペースで授業を受け、質問をすることができます。また、プログラミングやライトノベル、ファッション、ゲーム、美容など多種多様なネットでの課外授業や、全国各地での職業体験により、社会で役立つスキルや経験を早期に身につけることができます。<N高公式サイト:https://nnn.ed.jp/