プレスリリース

ニュースリリース

PRESS RELEASE

アニメーション制作ソフト「OpenToonz」と
「CLIP STUDIO PAINT EX」が連携

株式会社ドワンゴ
2017年2月28日
   

 株式会社ドワンゴ(本社:東京都中央区、代表取締役社長:荒木隆司)は、2016年3月26日(土)に公開したオープンソースの2Dアニメーション制作ソフトウェア「OpenToonz」(https://opentoonz.github.io/)が、株式会社セルシス(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:成島啓)が2月28日(火)に公開したイラスト・マンガ・アニメーション制作ソフト「CLIP STUDIO PAINT EX」の最新バージョンと、連携可能になったことをお知らせします。

「CLIP STUDIO PAINT EX」で作成した原動画を書き出し、「OpenToonz」で彩色・仕上げが可能に

 「CLIP STUDIO PAINT EX」をバージョン1.6.4にアップデートすると、「OpenToonz」と連携したアニメ制作が可能になります。具体的には、「CLIP STUDIO PAINT EX」で作成した原動画を書き出し、「OpenToonz」で彩色・仕上げを行うことができるようになります。

 また「CLIP STUDIO PAINT EX」で編集したセル画像とタイムラインの情報を、「OpenToonz」で読み込める形式で書き出せます。セル画像は「OpenToonz」のワークフローに沿ってアンチエイリアスをつけたまま出力することも、またセルシスのアニメーション彩色ソフトウェア「PAINTMAN」を用いたワークフローに倣って、アンチエイリアスをオフにして出力することもできます。アンチエイリアスをオフで出力する場合は、プレビューを確認しながら線幅を調整して出力できます。なお、詳しい手順は「CLIP STUDIO PAINT」のWEB講座で解説されています。

■「CLIP STUDIO PAINT」WEB講座:
https://howto.clip-studio.com/library/page/view/clipstudiopaint_animation_opentoonz_01

<今回の連携によって強化された作業の流れ>


CLIP STUDIO PAINT EXでの作業画面


OpenToonzでの作業画面

<「OpenToonz」について>https://opentoonz.github.io/

「OpenToonz」は、株式会社スタジオジブリのカスタマイズを経て、ジブリ作品の制作に長年使われてきたソフトウェア「Toonz」を基にしたオープンソースの2Dアニメーション制作ソフトウェアです。ドワンゴは「Toonz」の開発元であるDigital Video社とスタジオジブリの協力を得て、このOpenToonzのプロジェクトを開始しました。商用・非商用問わず、どなたでも無料で使用することができ、映像表現に関する学術研究とアニメ制作の現場とをつなぐ、あたらしいプラットフォームを目指しています。