プレスリリース

ニュースリリース

PRESS RELEASE

「囲碁 日韓エキシビションマッチ」閉幕
李世ドル九段が井山裕太九段に勝利

株式会社ドワンゴ
2017年2月27日
   

 株式会社ドワンゴ(本社:東京都中央区、代表取締役社長:荒木隆司)は、2月26日(日)に、李世ドル(イ・セドル)九段と井山裕太九段による「囲碁 日韓エキシビションマッチ」を開催しました。その結果、熱戦の末、李九段が227手で勝利しました。李九段は、ドワンゴが主催するプロ棋士と将棋ソフトの将棋対局「第2期電王戦」の振り駒を行うため来日。今回、来日を記念して、井山九段とエキシビションマッチを開催する運びとなりました。なお、李九段にとっては、これが今年初めての対局になります。

 対局終了後は、自身も囲碁AIとの対局経験がある李九段が、3月21日(火)より開催される「ワールド囲碁チャンピオンシップ」(http://www.worldgochampionship.net/)で囲碁AI「DeepZenGo」との対局を控える井山九段に対して、「DeepZenGoにも是非勝ってほしい」とエールを送る場面も見られました。

「囲碁 日韓エキシビションマッチ 李世ドル九段 vs 井山裕太九段」結果

開催日時
…2017年2月26日(日)17:30対局開始
対局場所
…ホテル椿山荘(東京都文京区)
対局結果
…【先手】李世ドル九段 vs 【後手】井山裕太九段
⇒227手で李世ドル九段の黒番中押し勝ち
生 放 送
http://live.nicovideo.jp/watch/lv290690115

終局後の両対局者のコメント

<李世ドル九段>
「日本に久しぶりに来て、井山先生と碁を打つことができ本当に嬉しく思います。内容はさておき、楽しく打つことができました。井山先生は普段も応援する好きな棋士の一人なので、「DeepZenGo」にも是非勝っていただきたいです。」

<井山裕太九段>
「セドルさんと対局できる機会は自分にとっても非常に貴重な機会なので、この機会を大切にと精一杯打ちましたが、力が及ばなかったです。ただ、1手30秒の中で、おもしろい碁は打てたと思いますので、もっと大きな舞台でセドルさんと戦えるように頑張りたいと思います。
ワールド囲碁チャンピオンシップについては、これ以上ない舞台を整えていただいたので、このような素晴らしい大会に出場できることを非常に光栄に思います。日中韓のトップ棋士が出場しますし、AIとの戦いもあるということで、厳しい戦いになることは目に見えていますが、自分なりに精一杯打って、良い戦いがしたいと思っています。」