プレスリリース

ニュースリリース

PRESS RELEASE

~アニメ業界初!二次創作で奨励金の受取が可能に~
niconico「クリエイター奨励プログラム」
『はがねオーケストラ』のアニメとゲームに対応

株式会社ドワンゴ
2017年2月22日
   

 株式会社ドワンゴ(本社:東京都中央区、代表取締役社長:荒木隆司)は、同社が運営する日本最大級の動画サービス「niconico」の「クリエイター奨励プログラム」において、株式会社ハンビットユビキタスエンターテインメント(本社:東京都台東区台東、代表取締役CEO:金 裕羅)の著作物『はがねオーケストラ』のアニメとゲームが、2月22日(水)より同プログラムに対応したことをお知らせします。

業界初!「アニメの二次創作」が公認に

 「クリエイター奨励プログラム」では、これまでも著作物を利用したゲーム等の二次創作に対応してきましたが、このたび、同プログラムにおいて株式会社ハンビットユビキタスエンターテインメントの著作物『はがねオーケストラ』のアニメ(背景・全キャラクター・シナリオ・BGM・アニメーション)とゲームにも対応します。アニメ映像の利用が公認されるのは、niconico「クリエイター奨励プログラム」が初であり、アニメ業界としても初の試みとなります。

 また、アニメと同時にゲームでも、これまでに公開されていた「はがねオーケストラ」の世界にキャラクターとして登場する「VOICEROID+民安ともえEX(弦巻マキ)」と「VOICEROID+結月ゆかりEX」に加え、「VOICEROID+琴葉茜・葵」についても、今野隼史先生の描く「ちびキャラ」とリアル頭身バージョンのキャラクター素材を新しく公開します。

 ユーザーは、『はがねオーケストラ』のアニメ素材(※)を使った動画や、ゲーム実況動画等をニコニコ動画に投稿し、同プログラムに登録後、所定の審査を通過すると、投稿された作品が同プログラムの奨励金支払い対象となります。

※「ニコニ・コモンズ」の素材ライブラリーにて公開されている、タグ「はがオケアニメ」が付けられた素材のみが対象となります。
※クリエイター奨励プログラムの登録には、コンテンツツリーの設定が必要です。
※審査期間中に不適切なものと判断された場合は、動画が削除される場合もございます。

「アニメの二次創作」公開を記念し「アフレコ選手権」を開催

 『はがねオーケストラ』のアニメ動画の二次創作解禁を記念して、2017年2月22日(水)17時より「アフレコ選手権」を開催します。アニメーションの尺の長さに制限はつけず、効果音や字幕の追加なども自由に二次創作した動画を、Team PSGをはじめ、 アニメ内に登場するボーカロイド「結月ゆかり」をプロデュースしているボカロP集団「VOCALOMAKETS」や、「結月ゆかり」によるゲーム実況動画で人気の「きゆみやま」に審査してもらいます。入賞者には賞品もご用意しています。

■「アフレコ選手権」特設ページhttp://hagane.huegame.jp/Campaign/20170223

※動画の募集は、2017年2月22日(水)~2017年3月26日(日)中までとなります。

■『はがねオーケストラ』

2016年10月にリリースされたスマートフォンゲームアプリゲーム(iOS/Android対応)
同時にTOKYO MXにて短編アニメとして放送。ニコニコ動画アニメチャンネルでも無料配信中。

※ニコニコ動画アニメチャンネル「はがねオーケストラ」:http://ch.nicovideo.jp/hagane-orchestra

■「ニコニ・コモンズ」

クリエイターの創作活動を支援するサイトです。素材ライブラリーの ほか、二次創作文化の推進を目的としたクリエイター奨励プログラムを提供しています。

※「ニコニ・コモンズ」ページ:https://commons.nicovideo.jp/

■「クリエイター奨励プログラム」

クリエイターの創作活動支援や二次創作文化を推進する取り組みとして、投稿作品の人気度等に応じて奨励金を進呈するプログラムです。
奨励金は、プレミアム会員や再生前動画広告収入の一部を原資としています。

※「クリエイター奨励プログラム」詳細ページ:http://commons.nicovideo.jp/cpp/about/