ニュース

ニュースリリース

PRESS RELEASE

中村獅童と初音ミクの超歌舞伎『今昔饗宴千本桜』
「クールジャパン・マッチングアワード」でグランプリ受賞

~歌舞伎×テクノロジーの先進的なプロジェクトとして表彰~

株式会社ドワンゴ
2017年2月16日
   

 株式会社ドワンゴ(本社:東京都中央区、代表取締役社⻑:荒木隆司)が主催するイベント「ニコニコ超会議2016」において、同社と松竹株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役会長:大谷信義)が共同制作し上演した「超歌舞伎 Supported by NTT」の『今昔饗宴千本桜』が、同じくテクノロジーを使った松竹制作の新作歌舞伎『KABUKI LION 獅子王』と合わせて、2017年2月16日(木)に虎ノ門ヒルズフォーラムで開催された「第1回クールジャパン・マッチングアワード」にて、グランプリを受賞したことをお知らせします。

 クールジャパン・マッチングアワードは、日本の魅力を海外に展開する商品やサービスを生み出す異業種間連携とその効果を広く社会で共有し、こうした活動を奨励・普及・促進することを目的として、先進的と認められるプロジェクトを表彰するアワードです。審査にあたっては「新規性」、「連携による相乗効果」、「話題性」、「市場性」のほか、「メッセージ性」や「他の事業者等に与えるインパクト」などの観点から選出されます。

 この度、『今昔饗宴千本桜』は、歌舞伎と日本のテクノロジーを組み合わせた「新しいエンターテインメントイベント」を国内・海外で展開したことが評価され、ノミネートされた全74件の応募プロジェクトの中からグランプリを受賞しました。「超歌舞伎 Supported by NTT」の上演演目は、ユーザーによってニコニコ動画に投稿され、いまや映画・舞台・小説などさまざまなメディアで人気を集めるボーカロイド楽曲「千本桜」と、歌舞伎の代表的な演目のひとつである「義経千本桜」がコラボレーションし、新たに超会議のために創作された新作歌舞伎『今昔饗宴千本桜』(読み:はなくらべせんぼんざくら)です。舞台では、歌舞伎俳優中村獅童とバーチャル・シンガーの初音ミクが共演し(初音ミクはCG投影)、NTTの最新技術「kirari!」を使用し、中村獅童が演ずる「佐藤忠信」と、初音ミクが演ずる「美玖姫」が出会い、桜の木の下に織りなす物語を紡ぎました。

 なお、同作の反響を受け、今年開催する「ニコニコ超会議2017」でも、第二弾となる「超歌舞伎」の新たな演目『花街詞合鏡(くるわことばあわせかがみ)』の上演が決定しています。前回につづき完全新作となる今回は、花街を舞台にした、獅童と花魁に扮したミクの恋物語。恋敵が登場し、2人の恋路を阻みます。


超歌舞伎『今昔饗宴千本桜』メインビジュアル

<クールジャパン・マッチングアワード受賞作品ページ>
http://cjmf.jp/matchingaward.php

<『超歌舞伎 Supported by NTT』 概要>

◆演 目 名
:今昔饗宴千本桜(読み:はなくらべせんぼんざくら)
◆出 演 者
:中村獅童、初音ミク、ほか
◆脚  本
:松岡亮
◆演出・振り付け
:藤間勘十郎
◆原  作
:・小説「千本桜」シリーズ
(原作:黒うさP/WhiteFlame、著・イラスト 一斗まる、発行:株式会社KADOKAWA アスキー・メディアワークス)
・歌舞伎「義経千本桜」 (作:竹田出雲、三好松洛、並木千柳)
◆主  催
:ニコニコ超会議実行委員会
◆製  作
:松竹株式会社 / 株式会社ドワンゴ
◆製作協力
:クリプトン・フューチャー・メディア株式会社
◆超特別協賛/技術協力
:NTT

◆公式サイトhttp://chokabuki.jp/

<作品ストーリー>
大正百年の帝都桜京で、神憑特殊桜小隊の隊員として活躍する初音未來と桜小隊隊長の靑音海斗。未來は美玖姫として、海斗は佐藤忠信として生きた時代があり、千本桜を守り抜くために、桜の花を奪っていった邪悪な青龍に立ち向かい…。〝千本桜〟をキーワードに「今」と「昔」をつなげる物語。

<『花街詞合鏡(くるわことばあわせかがみ)』概要>
【上演日程】2017年4月29日(土)、30日(日) 1部 13:00〜 / 2部 16:00〜(29日、30日両日ともに)
【上演場所】幕張メッセイベントホール