プレスリリース

PRESS RELEASE

N高生向け独自開発の双方向学習アプリ
『N予備校』を一般提供開始

~大学受験・プログラミングのライブ授業が体験可能に~

カドカワ株式会社
2016年7月14日
   

 カドカワ株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:川上量生)が開校した学校法人角川ドワンゴ学園「N高等学校」(以下、N高)は、N高生向けに独自開発し提供してきた、ネットで課外授業を受けることができる双方向学習アプリ『N予備校』を7月14日(木)、一般向けにリリースしたことをお知らせします。

業界初のリアルタイムでみんなと受ける「生授業」、スマホに最適化された「教材」


【N予備校 授業画面イメージ】

 N高では、高校卒業資格取得のための授業やレポート提出をネットで行うことで、自分が やりたい勉強の時間を増やせるため、生徒が空いた時間に受けることができるネット課外授業を『N予備校』で提供しています。『N予備校』は、各業界のプロフェッショナル講師陣による大学受験コース、プログラミング、文芸小説、ゲーム、アニメ、ファッション、美容など、多種多様なカリキュラムを、リアルタイムで双方向の授業として受けることができるのが特長です。今回、これらのカリキュラムの中から、「大学受験コース」と「プログラミング」を一般向けに提供します。

 「大学受験コース」では、大手予備校で指導実績のある、受験を知り尽くした実力派予備校講師陣が、自ら執筆した教材をもとに生放送で授業を行います。生徒のコメント・質問がその場で授業に反映される、活きた授業を受講できます。また、授業中に出題される問題を解いて競いあったり、自分の手描きの答案をその場で講師に採点してもらえたりと、これまでにない双方向の機能で実力を養うことが可能です。スマホ向けに最適化された50冊を超える参考書・問題集も利用することができます。
 「プログラミング」では、初心者がゼロから始めて、最終的にはニコニコ動画のようなサービスを構築できる技術までを学ぶことができます。講師はドワンゴで実際にサービス開発を担ったエンジニア達で、市販の教科書には書いていない実際の開発体験に基づいたノウハウが詰まった授業を提供します。さらに、プログラミングスキルだけではなく、開発環境構築や、コンピューターサイエンスといったエンジニアとして必要な知識を包括的に身に付けられるカリキュラムとなっています。

 なお、「大学受験コース」は、当面無料で提供するほか、8月末までニコニコ生放送でもサイマル放送にて公開します(プログラミングも後日公開予定)。
 N高は、今回のリリースを通じて、今のネット社会に対応した新しいカタチの授業を、より多くの方に体験および活用していただく機会を提供できればと考えています。

<N予備校 一般リリース概要>

【サービス名】N予備校(読み方:エヌヨビコウ)
【リリース日】2016年7月14日(木)
【 対応端末 】 iOS8以上を搭載したiPhone、Android4.1以上のスマートフォン、PCはGoogle Chrome最新版

【アプリ入手方法】
iPhone:App Storeにて「N予備校」で検索し、「入手」をタップ
Android:PlayStoreにて「N予備校」で検索し、「インストール」をタップ

【PCサイト】http://www.nnn.ed.nico/(その他詳細はこちらでご確認いただけます)

<ニコニコ生放送での公開授業URL> http://blog.nicovideo.jp/niconews/ni062126.html

◆学校法人角川ドワンゴ学園 N高等学校について◆

2016年4月に開校のネットの高校。今のネット社会に対応した新しい高校として、授業やレポート提出はネットで行い、時間を問わず自身のペースで授業を受けたり質問をすることができます。また、空いた時間に、プログラミングやライトノベル、ファッション、ゲーム、美容など多種多様な課外授業をネットで受けたり、全国各地で職業体験をすることで、社会で役立つスキルを早期に身につけることができます。<N高公式サイト:https://nnn.ed.jp/