プレスリリース

PRESS RELEASE

「第1期叡王戦」決勝三番勝負 結果
山崎隆之八段が優勝、初代叡王の座を獲得

来春「第1期電王戦」でコンピュータ将棋ソフトponanzaと対局

株式会社ドワンゴ
2015年12月14日
   

 株式会社ドワンゴ(本社:東京都中央区、代表取締役社長:荒木隆司)および公益社団法人 日本将棋連盟(東京都渋谷区、会長:谷川浩司)が主催する「第1期叡王戦 決勝三番勝負」の第2局が、2015年12月13日(日)に京都国立博物館(京都府京都市)で行われました。その結果、山崎隆之八段が郷田真隆九段に126手で勝ち、12月6日(日)に行われた第1局に続いて2連勝で優勝。第1期叡王の座に輝くとともに、来春開催される「第1期電王戦」への出場を決めました。
 「第1期電王戦」では、「第3回将棋電王トーナメント」で優勝したコンピュータ将棋ソフト 『ponanza』(ポナンザ)と二番勝負を行います。

第1期叡王戦 決勝三番勝負 結果

第1局 2015年12月6日(日)会場:国立科学博物館(東京都台東区)
【先手】山崎隆之八段 vs【後手】郷田真隆九段
⇒139手で山崎隆之八段の勝ち
<ニコニコ生放送>http://live.nicovideo.jp/watch/lv242405802
第2局 2015年12月13日(日)会場:京都国立博物館(京都府京都市)
【先手】郷田真隆九段 vs【後手】山崎隆之八段
⇒126手で山崎隆之八段の勝ち
<ニコニコ生放送>http://live.nicovideo.jp/watch/lv242515641

第1期叡王戦 概要(優勝者は叡王の称号獲得および第1期電王戦に出場)

開催時期 2015年6月20日(土)~ 2015年12月13日(日)
出場資格 現役プロ棋士(エントリー制)
対戦形式 段位別予選と本戦からなるトーナメント戦(2015年4月1日時点の段位)
対局日程 【段位別予選】2015年6月~9月
∟出場者:エントリーした棋士/ルール:持ち時間各1時間(チェスクロック方式)・秒読み60秒
  【本戦】2015年10月~11月
∟出場者:予選を勝ち抜いた16名/ルール:持ち時間各1時間(チェスクロック方式)・秒読み60秒
  【決勝三番勝負】2015年12月6日・13日 ※
∟出場者:本戦決勝進出者2名/ルール:持ち時間各5時間(チェスクロック方式)・秒読み60秒

第1期叡王戦では、全現役プロ棋士159名中154名がエントリーし、全138局からなる段位別予選が行われました。
第1期叡王戦 公式サイト:http://www.eiou.jp/

第1期電王戦 概要(第1期叡王戦優勝者と第3回将棋電王トーナメントの優勝ソフトとの対局)

開催時期 2016年春
出場者 山崎隆之八段 vs ponanza(開発者:山本一成・下山晃)
対戦形式 二番勝負(2日制×2局、先後1局ずつ)
ルール 持ち時間各8時間(2日制/各日午前10時対局開始、初日は18時封じ手)・秒読み60秒

日程や会場など詳細は後日発表します。
第3回将棋電王トーナメント 公式サイト:http://info.nicovideo.jp/denou/tournament2015/