プレスリリース

ニュースリリース

PRESS RELEASE

「日本アニメ(ーター)見本市」
第一弾 舞城王太郎監督×鶴巻和哉「龍の歯医者」公開

~ニコニコでオープニング映像公募企画スタート~

株式会社ドワンゴ
株式会社カラー
2014年11月10日
   

 株式会社ドワンゴ(本社:東京都中央区、代表取締役社長:荒木隆司)および株式会社カラー(本社:東京都杉並区、代表取締役社長:庵野秀明)は、日本アニメーションの可能性を探る共同企画「日本アニメ(ーター)見本市」(http://animatorexpo.com)において、11月7日(金)より、第一弾作品「龍の歯医者」(監督:舞城王太郎、アニメーション監督:鶴巻和哉)を公開しました。また、あわせて、動画サービス「niconico」で日本アニメ(ーター)見本市のオープニング映像募集企画を開始しました。

 阿修羅ガールの“覆面小説家”舞城王太郎氏がアニメーション作品に初挑戦

 第一弾作品「龍の歯医者」は、『阿修羅ガール』や『好き好き大好き超愛してる。』等の作品で知られる“覆面小説家”こと舞城王太郎氏の初アニメーション作品です。

<第一弾タイトル「龍の歯医者」概要>
【作品名】龍の歯医者
【原案・脚本・監督】舞城王太郎
【アニメーション監督】鶴巻和哉
【キャラクターデザイン】小坂泰之
【キャラクターデザイン・作画監督】亀田祥倫
【声ノ出演】山寺宏一 林原めぐみ
【音響監督】山田陽(サウンドチーム・ドンファン)
【効果】野口透(アニメサウンド)
【音楽】小山嘉嵩
【編集】李英美
【アニメーション制作】スタジオカラー

<ストーリー>
 少女は、龍の歯医者になるためにそこにやってきた。他の新人志願者とともに集められたのだが、案内役の先輩からは何の説明もない。困惑したまま引き連れられて、暗く怪しい新人専用の通路を進んでいく他ない。今の自分の居場所も判らない。これから何をすべきなのかも知らないまま、少女は龍の秘密へと近づいていくが、そのことにも気付いていない。冒険は既に始まっているのに。

<プロフィール>
■舞城王太郎(原案・脚本・監督)
1973年福井県生まれ。2001年「煙か土か食い物」でデビュー。
小説の代表作として「阿修羅ガール」(三島由紀夫賞受賞)、「好き好き大好き超愛してる。」、「ディスコ探偵水曜日」など。近年では「JORGE JOESTER」、「コールド・スナップ」(翻訳書)、「バイオーグ・トリニティ」(漫画原作)と活動は多岐に及ぶ。

■鶴巻和哉(アニメーションキャラクターデザイン・アニメーション監督)
1966 年生まれ、新潟県出身。株式会社カラー取締役。スタジオジャイアンツにてアニメーターとしてデビューした後、ガイナックスに移籍。原画として TV『ふしぎの海のナディア』に参加し、同作品の LD-BOX 特典映像『ナディア•おまけ劇場』で演出を担当。その後、OVA『トップをねらえ!』LD-BOX の映像特典『新トップをねらえ!科学講座』で初監督を務める。TV『新世紀エヴァンゲリオン』では副監督としてシリーズに貢献し、デザインや設定にも関わった。初めての本格的なオリジナル監督作品である OVA『フリクリ』、『トップをねらえ2!』では、独特なキャラクターと世界観で人気を集める。 『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』シリーズでは、監督を務めつつ、画コンテ、デザインワークスでも活躍。 最近では TV『THE IDOLM@STER』や TV『這いよれ!ニャル子さん W』のEDにも参加している。

■亀田祥倫(キャラクターデザイン・作画監督)
1984 年生まれ、広島県出身。TV『鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST』で原画に進出。脈動感あるアクションで好評を博した。ゲーム『レイトン教授 VS 逆転裁判』ではオープニングを担当した他にもアクション作画監督を務める。 『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』では原画で参加。 最近ではアニメミライ2014「パロルのみらい島」キャラクターデザイン・作画監督を務める

<ニコニコ生放送 番組概要>
■番組名:「日本アニメ(ーター)見本市-同トレス-」
■放送日時:2014年11月10日(月)22時~
■視聴URL:http://live.nicovideo.jp/watch/lv197515458
■出演者:鶴巻和哉氏、亀田祥倫氏、氷川竜介氏(アニメ特撮研究家)
■放送内容:初回の放送では、「龍の歯医者」の上映後、制作スタッフを迎え、作品に込めた思いなどをうかがいます。
※上記、生放送番組は撮影現場での取材が可能です。取材をご希望の方は下記問合せ先までご連絡ください。

スタジオカラー制作スタッフが選ぶのはどれだ?オープニング映像募集企画スタート

<オープニング映像募集企画 概要>
庵野秀明デザインのイメージキャラクター「(ーター)くん」や、鷺巣詩郎氏作曲の「P_222_demo」を活用した「日本アニメ(ーター)見本市」のオープニング映像をniconicoにおいて募集します。
■特設投稿サイト:http://ex.nicovideo.jp/animatorexpo/

■応募条件:ニコニコアカウント保有者。1分程度の長さとし、内容は自由です。
ただし必ず以下の素材を使って下さい。
・庵野秀明監督がデザインしたイメージキャラクター「(ーター)くん」
・鷺巣詩郎氏が作曲した音楽「P_222_demo」 ※「エディットA」「エディットB」のいずれかをご利用ください。

■応募期間:2014年11月7日(金)~ 2015年1月5日(月)12:00まで(予定)
■選考方法:スタジオカラーのクリエイター達が選考の上、順次公開作品のオープニング映像として発表します。
 なお、特設投稿サイトでは、参考資料として庵野秀明監督が描いた絵コンテや、それをもとにスタジオカラーのクリエイター達が制作したオープニング映像、(ーター)くんの立体データをご紹介しています。(応募作品は、絵コンテを元にする必要はありません)
■庵野秀明監督が描いた絵コンテ:http://seiga.nicovideo.jp/watch/mg107746
■スタジオカラー制作のオープニング映像:http://www.nicovideo.jp/watch/so24849674
■(ーター)くんの立体データ:http://3d.nicovideo.jp/works/td14857

<日本アニメ(ーター)見本市 とは?>
「日本アニメ(ーター)見本市」とは、スタジオカラーとドワンゴが贈る短編映像シリーズ企画です。様々なディレクター陣による、オリジナル企画・スピンオフ企画・プロモーション映像・MusicPVなど、ジャンルを問わず愛と勢いで創りきる数々のオムニバスアニメーション作品を毎週金曜日に1話ずつ公開します。本企画を通じて、表現の規制のない“自由な創作の場”を提供し、日本のアニメ制作における企画開発、R&D、人材育成など、この先の映像制作の可能性を探りたいと考えています。
■公式サイト:http://animatorexpo.com
■視聴方法:公式サイト、公式アプリにて無料で視聴可能です。アカウント不要。
■公式iOS、Androidアプリ:「日本アニメ(ーター)見本市」(無料)
※作品によっては、アプリ内で表示できない可能性がございます。予めご了承ください。