ニュース

ニュースリリース

PRESS RELEASE

ニコニコユーザーが選ぶ「オリックス・バファローズ ネットMVP」
視聴者アンケートで金子千尋投手が初代ネットMVPに決定!

株式会社ドワンゴ/株式会社ニワンゴ
2014年10月8日
   

 株式会社ドワンゴ(本社:東京都中央区、代表取締役社長:荒木隆司)及び株式会社ニワンゴ(本社:東京都中央区、代表取締役:杉本誠司)は、両社が運営する日本最大級の動画サービス「niconico」の「ニコニコ生放送」にて、視聴者アンケートによるオリックス・バファローズのネットMVP企画を実施しました。

ニコニコ生放送のオリックスホームゲーム中継は、今シーズンのべ430万人が視聴!

 ニコニコでは、今シーズンよりオリックス・バファローズの試合中継(ホームゲーム)をニコニコ生放送でスタートしたことを記念し、9月26日に京セラドームで行われたホーム最終戦の生中継終了後に、生放送アンケート機能を使ったネットMVP企画を初実施しました。そして、ニコニコユーザーが選ぶ、今シーズンの栄誉あるネットMVPは、金子千尋投手に決定しました。金子投手は、アンケート参加者全体の47.9%の支持を獲得し、2位と35.1ポイント差という圧倒的な人気で1位となりました。また、今シーズンにおける、ニコニコ生放送でのオリックスホームゲームの総視聴者数は、430万人となりました。

 金子投手は今シーズン、多彩な球種で打者を翻弄し、防御率は両リーグを通じて唯一の1点台という安定した投球を続け16勝5敗をマーク。最優秀防御率、最多勝利の2冠に輝いたほか、沢村賞も狙える位置につけており、シーズン中のニコニコ生放送でも「沢村賞確定やな」「これぞ大エース」などのコメントがネット視聴者から数多く書き込まれていました。6年ぶり2度目のクライマックスシリーズではどのような活躍をするか、ニコニコユーザーの期待も高まっています。

■参考:ニコニコ生放送での野球中継の取り組み
 ニコニコでは、2009年の東北楽天ゴールデンイーグルスの主催試合中継より、プロ野球ネット中継の取り組みを開始。その後、2012年に福岡ソフトバンクホークスと横浜DeNAベイスターズ、2014年にオリックス・バファローズの主催試合中継を開始し、現在では4球団の試合中継や実況番組を配信しています。また、試合中継だけでなく、各球団のキャンプや優勝パレードの模様も生中継し、2013年の1シーズンで、ニコニコ生放送プロ野球中継の総視聴者数は2,000万人以上にも上りました。

 また、2014年8月からは、オリックス・バファローズの協力のもと、京セラドーム⼤阪内に設置した 3 台のモニターを使⽤し、ニコニコ⽣放送で完全無料中継している 2014 年のオリックス・バファローズ主催試合をライブ放映してきました。これにより、スタジアム来場者はニコニコ⽣放送のコメント付きの野球中継を⾒ながら、スタジアム来場者とネット視聴者が一緒になって試合を楽しんでもらいました。
 さらに2014年8月22日(金)~9月7日(日)の試合終了直後には、オリックス・バファローズの選手がネット視聴者からの質問に答える「ニコニコインタビュー」(オリックス勝利試合のみ)を実施し、試合直後にもかかわらず選手とネット視聴者のリアルタイムの交流が実現しました。

■ニコニコプロ野球チャンネル
 http://ch.nicovideo.jp/npb