プレスリリース

ニュースリリース

PRESS RELEASE

niconico×ダヴィンチ
紙もWebも関係なし!「次にくるマンガ大賞」創設

株式会社ドワンゴ/株式会社ニワンゴ
2014年10月6日
   

 株式会社ドワンゴ(本社:東京都中央区、代表取締役社長:荒木隆司)及び株式会社ニワンゴ(本社:東京都中央区、代表取締役:杉本誠司)は、両社が運営する日本最大級の動画サービス「niconico」と、株式会社KADOKAWAが出版する本とコミックの情報誌「ダ・ヴィンチ」との共催企画として、新たなマンガ賞「次にくるマンガ大賞」を10月6日(月)に創設しました。「次にくるマンガ大賞」では、雑誌とWebメディアという垣根を越え、ダ・ヴィンチ読者のマンガ愛に加え、niconicoを通じネットの集合知を活用することで、すでに売れているマンガではなく「次に流行るであろうマンガ」を発掘・紹介することを目指します。

同人作品もエントリー可能!本当に面白い作品はどれだ?

 「次にくるマンガ大賞」では、10月6日より、自薦他薦問わず作品エントリー受付を開始。候補作に対して、niconico上でユーザー投票を実施し、各賞を決定します。また、紙のコミックスだけでなくWebマンガ(商業作品・同人作品を問わず)も候補対象とし、「まだ本になっていない面白いWebマンガ」や、「本になっているけどもっと売れてしかるべき傑作マンガ」等を、マンガファン自身の選考により決定します。

≪次にくるマンガ大賞 企画詳細≫
【エントリー方法】

受付期間 2014年10月6日~20日
エントリー方法 niconico「次にくるマンガ大賞」公式チャンネルから
エントリー
エントリー作品数 10作品まで(コミックス5作品/Webマンガ5作品)
※1人1回
エントリー特典 「公式サポーター」としてチャンネル上でハンドル名や応援メッセージを掲載

【募集部門&エントリー条件】
・「これから売れて欲しいマンガ」部門

応募条件 商業作品のみ(すでにコミックス化されているもの)、
既刊が3巻以内の作品が対象(2014年10月1日時点)

・「本にして欲しいWebマンガ」部門

応募条件 商業作品、同人作品も可、過去1年以内に更新された作品が対象(2014年10月1日時点)
ジャンルは不問。ただし18禁作品は対象外、オリジナル作品に限る(2次創作はNG)

※両部門ともに、エントリーは自薦他薦問いません。

【投票方法】

投票期間 2014年11月6日~20日
投票方法 niconico「次にくるマンガ大賞」公式チャンネル(http://ch.nicovideo.jp/tsugiman)から投票
投票作品数 ※ノミネート作品はダ・ヴィンチ編集部が選考
「これから売れて欲しいマンガ」部門 ・・・ノミネート50作品から5作品を順位付け
「本にして欲しいWebマンガ」部門 ・・・ノミネート20作品から3作品を順位付け
※候補作は上記公式チャンネルから無料立ち読みが可能です。

【集計方法】
投票の順位別に点数をつけ集計。一般投票に加え、特別審査員(書店員、編集部、書評家など)の投票分も加算した総合ポイントにより、「これから売れて欲しいマンガ」部門は20位まで、「コミック本にして欲しいWebマンガ」部門は10位までをランキング化。

【結果発表】
2014年12月中旬に「コミック本にして欲しいWebマンガ」部門をニコニコチャンネル生放送で先行発表。2015年2月6日に、「ダ・ヴィンチ」誌面、同日行うチャンネル生放送、Webサイト「ダ・ヴィンチニュース」(http://ddnavi.com)において、全ランキングを発表。