インフォメーション

ニュースリリース

INFORMATION

日本発の囲碁AI「DeepZenGo」
囲碁AI大会「AI 竜星戦 2017」に出場
〜12/9・10、ニコニコ生放送で中継〜

株式会社ドワンゴ
2017年11月29日
   

 株式会社ドワンゴ(本社:東京都中央区、代表取締役社長:荒木隆司)は、日本発の囲碁AI開発プロジェクト「DeepZenGoプロジェクト」が手掛けるコンピュータ囲碁ソフト「DeepZenGo」が、12月9日(土)より、株式会社囲碁将棋チャンネルおよびAI竜星戦実行委員会が主催する囲碁AI大会「AI 竜星戦 2017」に出場することをお知らせします。大会の模様は「ニコニコ生放送」で生中継でお届けします。

 「AI 竜星戦 2017」は、第10回目を最後に今年3月に幕を閉じた囲碁AIの国際大会「UEC杯コンピュータ囲碁大会」(主催:電気通信大学 エンターテインメントと認知科学研究ステーション)の正式な後継大会として実施される囲碁大会です。その記念すべき第1回大会は2017年12月9-10日に秋葉原UDXで開催。国内外の囲碁ソフトが集いトーナメント戦で競い合います。
 本大会には今年8月、中国・内モンゴル自治区オルドス市で開催された囲碁AI大会「中信証券杯 第1回 世界電脳囲碁オープン戦」で優勝を果たした囲碁ソフト「DeepZenGo」の参戦が決まっており、「ニコニコ生放送」では同ソフトの対局の模様を生放送します。

「AI 竜星戦 2017」概要

日時:
<予選>2017年12月9日(土)
<本戦>2017年12月10日(日)
対局会場:
秋葉原UDX 6F / UDX Conference type120 RoomD・E
対戦形式:
予選リーグ(6試合目まで変形スイス式、7試合目はスイス式)と本戦を実施
予選リーグ上位16ソフトが本戦に進出
ルール:
日本ルール 19路盤 互先、先番6目半コミ出し
<予選・本戦>持ち時間 30分

賞金:<1位>30万円 <2位>15万円 <3位>5万円
主催:株式会社囲碁将棋チャンネル・AI竜星戦実行委員会
協力:電気通信大学エンターテイメントと認知科学研究ステーション/コンピュータ囲碁フォーラム/HEROZ株式会社
後援:公益財団法人日本棋院/朝日新聞社
関連サイト:http://www.igoshogi.net/ai_ryusei/01/

【ニコニコ生放送概要】

タイトル:【DeepZenGo出場】囲碁・AI竜星戦2017 1日目
放送日時: 2017年12月9日(土) 09:30~
番組URL:http://live.nicovideo.jp/watch/lv308903880
タイトル:【DeepZenGo出場】囲碁・AI竜星戦2017 2日目
放送日時: 2017年12月10日(日) 10:00~
番組URL:http://live.nicovideo.jp/watch/lv308903911

【DeepZenGoプロジェクトについて】
人工知能技術の向上と囲碁界の発展に貢献することを目的に、世界トップレベルの囲碁AIの開発を目指したプロジェクト。囲碁ソフト『Zen』の開発者・尾島陽児氏と加藤英樹氏を中心に、東京大学松尾研究室および公益社団法人日本棋院の協力と、ドワンゴによる開発環境の提供により、2016年3月に発足し開発を行っています。