プレスリリース

PRESS RELEASE

【N予備校 特別授業】
『のうりん』・『りゅうおうのおしごと!』の著者
白鳥士郎氏が書き方のコツを教える小説作家授業を実施

学校法人角川ドワンゴ学園 N高等学校
2021年02月10日
   

 学校法人角川ドワンゴ学園 N高等学校(以下、N高)は、2月20日(土)19時00分~20時30分に、ライトノベル『のうりん』・『りゅうおうのおしごと!』の著者である小説家・ライトノベル作家の白鳥士郎氏を特別講師にお招きし、小説作家授業「白鳥士郎のさっかのおしごと!」を実施します。授業では、白鳥氏の体験談や仕事のエピソードのほかに、書き方のコツなどをお話いただきます。N高とN中等部の生徒から事前募集した作品にアドバイスをいただくほか、質疑応答、メッセージも予定しています。

◆白鳥士郎(しらとりしろう)氏プロフィール
岐阜県出身。ライトノベル『のうりん』『りゅうおうのおしごと!』が漫画・アニメ化される。
第3期叡王戦決勝七番勝負第1局の観戦記を担当し、将棋ペンクラブ大賞観戦記部門の大賞を受賞。
ニコニコニュース等で将棋関連のインタビュー記事を執筆している。

■授業概要
【番組タイトル】白鳥士郎のさっかのおしごと!~キャラクターの魅力を伝える会話劇~
【日時】2021年2月20日(土)19時00分~20時30分
【講師】白鳥士郎(小説家・ライトノベル作家)                            
【対象】N高等学校、N中等部の生徒及び、N予備校に会員登録をされた一般の方
【番組URL】 https://www.nnn.ed.nico/lessons/482531203
※学習アプリ「N予備校」をダウンロードし、無料会員登録の上、受講ください。

◆学校法人角川ドワンゴ学園 N高等学校について◆
<本校:沖縄県うるま市、校長:奥平博一/N高公式サイト: https://nnn.ed.jp/
2016年4月に開校した“ネットの高校”で、現在の生徒数は16,641名(2020年12月時点)。「IT×グローバル社会を生き抜く“総合力”を身につける多様なスキルと多様な体験」を掲げ、今のネット社会に対応した新しい教育を実践しています。授業やレポート提出をネットで行うことで自分のペースで学べる高校卒業資格のための必修授業の他に、大学受験やプログラミング、小説、ゲーム、ファッション、料理、美容など多彩なネットでの課外授業や、全国各地で行う職業体験により、社会で役立つスキルや経験も高校時代に身につけられるカリキュラムが特徴です。ネットコースと通学コースが選択できます。2021年4月には、2校目となるS高等学校(設置認可申請中/本校:茨城県つくば市、校長:吉村総一郎)が開校します。<N高公式Twitter> https://twitter.com/nhigh_info

◆学校法人角川ドワンゴ学園 N中等部について◆<N中等部公式サイト: https://n-jr.jp/
N中等部は、教育機会確保法の趣旨を鑑みた、新しいコンセプトのスクール、「プログレッシブスクール」です。現在、ネットコースでは449名、通学コースでは515名の生徒が全国で学んでいます。(2020年10月の生徒数)N中等部では、総合力を身につけるために、教養・思考力・実践力の3つを学びます。21世紀型スキル学習、プログラミング、基礎学習(国・数・英)など多彩な学習コンテンツがあり、一人ひとりが自分のペースで学び、目標を見つけ、主体的に行動することで進路やキャリアづくりといった夢への第一歩が広がります。
※N中等部は学校教育法第一条に定められた中学校ではありません。ご自身の中学校に在籍したままN中等部で学んでいただきます。

【お問い合わせ先】
 学校法人角川ドワンゴ学園 N高等学校 広報担当 E-mail: n-press@nnn.ac.jp